写真展

鳥友さんの写真展です。
ほとんど猛禽専門に撮影されている方で、大迫力の猛禽写真が沢山見られると思います。
無料ですので北勢地区の方は是非見に行ってくださいね。

P1180249s.jpg
スポンサーサイト

小笠原、硫黄島の風景

風景写真は苦手ですが、少しだけUPしておきます。

小笠原の一番大きな島は父島で約2000人の方が住んでます。この写真は隣の南島から父島方面を撮りました。
父島の南約50kmにある母島はメグロが居る事で有名ですが、人も約500人が住んでいます。
小笠原諸島では父島と母島以外は無人島です。
01南島から父島s

この写真は南島の海岸で、砂浜にある線状の跡はウミガメが産卵のために上陸した跡です。このほかにもこの島はカツオドリの営巣地となっており、沢山のカツオドリが抱卵していました。南島は限られた部分のみ上陸可能です。
02南島s

こちら南硫黄島です。この島の神秘さにはビックリです。海から尖った島が現れその高さは900mを超えています。普通は上の方は雲がかかって見えない事が多いらしいのですが、この日は頂上まで綺麗に見えてました。島の周りにはアカオネッタイチョウが飛び回っていました。過去も現在も無人島です。
03南硫黄島s

こちらは硫黄島の一部です。硫黄島は父島よりも大きく、今も隆起が続いて更に大きくなってます。名前の通り硫黄が露出した部分が有り、煙が上がっています。この島は住民登録している人は無い(住民登録出来ない)のですが自衛隊の基地があり関係者が駐在しています。此処での有名な話ですが、終戦前に大激戦があって日本軍2万人以上が亡くなられています。此処では乗船者全員で献花と黙祷を行いました。
04硫黄島s

北硫黄島です。この島は現在は無人島ですが過去には人が住んでいた事も有り、小学校もあったとの事です。この島で生活するのは色んな意味で厳しいでしょうね。私には考えられません。
05北硫黄島s

明けまして

お目出度う御座います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年も頑張るぞー!!!

EA4A6279s.jpg

写真展期間延長

三重県民の森で開催中の野鳥写真展ですが、開催期間を約1ヶ月延長します。
県民の森の館長さんから「好評なので延長して欲しい。」とのお話しが有り、7月5日まで延長する事としました。
まだまだやってますので、宜しくお願い致します。

2015写真展

謹賀新年

皆様、本年も宜しくお願い致します。

2015年賀_オジロワシs
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Panasonic DMC-LX3
 Nikon COOLPIX P340
 Canon PowerShot S200
 Fujifilm XQ1
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
・レンズ(鳥用)
 Canon EF400mm f/4 DO ISⅡ
     EF200mm f/2.8L Ⅱ
 X1.4テレコン Canon、Sigma

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01X2台
 Manfrotto 701RC2
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR