FC2ブログ

里山にて

今日もP330のテストを兼ねて里山へ行きました。
ヒルの多い林でビクビクしながら座り込んで鳥さんの登場を待ちました。
最近は毎年ヒルに何度か吸い付かれていますが、今日は隣で撮っていた方が犠牲になってビックリされてました。
ヒルは本当に気持ち悪い!!!!
クロツグミは適当に出てくれましたが、P330はピンの合焦判定が厳しく、連写後書き込みはハンパじゃなく遅いので、結構ストレスが溜まりました。
今日は200枚くらい撮りましたが合焦と書き込み時間のロスがあり、RX100だったら500枚は撮っているところです。
後の整理が楽で、この点はP330の長所(?)ですが・・・_ _;;

08クロツグミDSCN0380s

04クロツグミDSCN0307s

06クロツグミDSCN0336s

03クロツグミDSCN0243s

05クロツグミDSCN0333s

コサメビタキ

今日は今期初のコサメビタキが撮れました。
この他にもオオルリの♂♀を撮りましたが、カケス、クロツグミは見ただけで写真は撮れませんでした。
クロツグミは何度かカメラで捉えることは有りましたが、P330が合焦してくれないのでシャッターは押せませんでした。
どうも逆光の場合にAFが合いにくい様ですが、もう少し使ってコツを掴む必要がありそうです。
また、書き込みが遅いのはちょっと大きな問題と感じています、シャッターを押す感覚は掴めてきたので3枚くらいしか連写しないのですが、それでも書き込みに数秒かかり次の撮影が出来る時には、もう鳥さんが居ないと言うことが何度もありました。
更にISO100で撮っていましたが、暗いところの写真ではやはりRX100と比べてノイズが多いと感じています。
撮像素子1/1.7インチと1インチの違いは大きいと思いますが、P330はシャープマスクの標準設定がかなり強めな印象がありますので、この辺を調整してみようと思います。

1コサメDSCN0182s

2コサメDSCN0186s

P330の試写

昨日は鳥さんを見つける事が出来ませんでしたが、今日は標高400mの山頂公園でキビタキを見つけました。
たまたま10mくらいの所に止まってくれました。
シャッターを高速連写にしていたので、ちょっと押しただけで6枚も撮れてしまいました。
やっぱり6枚も撮れると書き込みに時間がかかります、次からは3枚くらいでシャッターを離さないといけませんが、今までの習慣でうまく離せるかどうか・・・
後は枝被りなどでが有りなかなか良いところに来てくれません、その内雨も降ってきたので撤収しました。
カメラの設定は標準のままですが、結構シャープマスクが強めの印象でバリバリ画像でした。
スコープ:Kowa TSN-884、アイピース:Kowa TE-11WZ、カメラ:Nikon COOLPIX P330
SS=1/60、f/3.5、補正=-0.7EV、ISO=100、カメラ焦点距離=10.7mm(35mm換算:50mm)

3キビタキDSCN0083s

こちらは100mくらい先に止まったオオルリです。
これも距離の割には以外にシャープに写ってました。

1オオルリDSCN0077s

こちらは500m先の山の稜線に止まったアオバトです。
これだけ距離があっても鳥さんが比較的大きいので、何とかアオバトと解りますね。

2アオバトDSCN0078s

P330ブラケット(完成!)

シーソーレリーズは前回のRX100と同じ方法で、アルミのパイプ、平板、チャンネルを使って作りました。
これで作り物は終わりですので、取り外し出来るものは外して、つや消しの黒で塗装しました。
塗料はアクリルラッカーですので2時間程乾かして、金具類を再度取り付けて完成です。
Nikon FSB-3(何のカメラ用か忘れた^^;;)のアダプターリングを外して流用しましたが、これが肉厚でちょっと重いけどまあ良いか。

色んなアイピースで確認しましたが、カメラとアイピースのクリアランスをKowa TE-11WZに合わせて作りましたので、TA20XWFAだとあと7mm程度話す必要があり、確認出来ませんでした。
28XWDAで使えるカメラズーム範囲は35~85mm、40XWDSは35~50mm、11WZは25Xの場合50~85mm、40Xの場合は35~85mmでした。
28XWDAと11WZが使えそうですが、とりあえず11WZで、明日は鳥さんが居れば試写しようと思います。

7P330ブラケットP1830367s

8P330ブラケットP1830378s

P330ブラケット(製作)

材料はいつも使っている4mm暑さのMDF板です。
図面通りに切断し、サンドペーパーで、切り口が直角になるように仕上げました。

1P330材料切断P1830343s

その後組立ですが、先ず前面板にアダプタ取り付けのM3ネジを取り付け、アダプタリングが付くようにしました。
これはカメラを付けた場合のスコープとの光軸を出すためです。
この前面板だけをスコープに取り付け、光軸を合わした状態で両面テープを使ってカメラを仮付け、そのカメラに合わせた位置で底板と片方の側板を瞬間接着剤にて接着です。
その後、カメラを取り外して仮付けの両面テープを剥がし、カメラに合わせて上面板ともう片方の側板を接着という方法です。

2P330アダプタP1830348s

その他の補強板、モニタフードを取り付ける金具類などを取り付け、本体は完成しました。

3P330組立FP1830354s

4P330組立RP1830355s

カメラ等を取り付けしてみると、こんな感じです。
ブラケットとカメラは現物合わせで隙間無く作りましたので、カメラ固定はモニターフード枠で挟むだけです。
後ちょっと必要に応じて削るなどの改良をて、シーソーレリーズを作ります。

5P330取り付FP1830356s

P330ブラケット

デジスコ界で話題になっている、NikonのCOOLPIX P330を購入しました。
購入した理由は物欲も有るのですが、最近のコンパクトデジカメは広角寄りのレンズになっている物が多く、一般的には便利なんですがデジスコ用としては広角端でケラレが出るので、ズーム位置メモリが有ると便利という事情があります。

現在メイン機になっているRX100はレンズの明るさ、ズーム範囲、画質、連写性能、モニタ解像度等、デジスコ用としては良いカメラなんですが、一つだけ重大な欠点があります。
それはレンズのズーム位置は記憶してくれるのですが、ズーム位置の記憶に関係なく電源on/off時に毎回レンズが最大長さまで延びるので、私が考える最適なカメラレンズとアイピースの距離でセットすると、アイレリーフの短いアイピースでは電源on/off時に、カメラレンズ鏡筒先端とアイピースが当たってしまいます。
当たらない範囲でセットする事も可能ですが、それでは周辺減光が出るので、使用出来るズーム範囲が狭くなって私としては使いにくいデジスコセットとなってしまいます。
私が持っているアイピースでは、20XWFAはアイレリーフが大きいのでRX100で使えますが、28XWDA、40XWDS、TE-11WZはRX100では使いにくいので使用していません。

もう一台長年使っているPanasonicのLX3は、レンズの明るさ、画質、連写性能、モニタ解像度等に問題は無く、ズーム位置メモリが出来て電源on時にもメモリ位置へ直接ズームするので気に入っていますが、撮影時に露出がばらつくのと、ズーム範囲が24~60mmと狭く広角側はケラレが出ますので、実際に使用出来るズーム範囲が非常に狭いのが欠点です。
この様な欠点はあっても、TE-11WZはアイピースがズームなので、このカメラでも結構便利に使えて古いLX3を重宝していますが、既に4年以上20万ショット近く使っており何時壊れるか解らない不安があります。

前置きが長くなってしまいましたが、この様な事情からP330を購入しました。
このカメラも色んな方の評価では、高速連写後の書き込み時間が長い、普通連写が遅いなど問題も有りそうですが、この辺は使ってみてどうなのか評価したいと思います。
とりあえず現品を入手しましたので、関係寸法調査とブラケットの寸法図を書いてみました。
本日以降暇を見ながら製作に入る予定です。

P330カメラ等主要寸法

P330ブラケット寸法図

野鳥ではありませんが・・・

日本には居ない筈のキンケイですが、何処から逃げてきたのでしょうか?
愛知県某所の林に住み着いているとの事で、綺麗な鳥なので見に行ってきました。
流石飼い鳥なので人慣れしていて、凄く近づいても逃げません。
今回いつもの鳥写真器材は不要で、28-105mm f3.5-4.5の標準ズームレンズで撮っています。
明るいレンズを使って絞り解放で撮ればもっと背景がぼけてすっきりするのですが、300mm f4.0とこの標準ズームしか持っていきませんでした。
85mm f1.8を持っていけば良かった・・・
しかし、派手な鳥も居るもんですね。

1キンケイIMG_5969s

4キンケイIMG_6158s

3キンケイIMG_5990s

6キンケイIMG_6361s

舳倉島その20

ホオジロハクセキレイです。
ハクセキレイも色々あって自信が無かったので、鳥くんに問い合わせをしていました。
今日メールを頂いて「間違い無い」との事ですので、アップします。

40ホオジロハクDSC03281s

舳倉島その19

ハチジョウツグミです。
廃校になった学校の庭で採餌していました。
これだけ赤いのも珍しいです。

01ハチジョウDSC02770ss

舳倉島その18

カラアカハラは先月に岡山まで撮りに行きましたが、舳倉にも何羽か居ました。

07カラアカDSC02878s

08カラアカDSC03191s

舳倉島その17

コホウアカは島へ来たばかりのようで、一生懸命に採餌しており近づいても逃げませんでした。

13コホウDSC03071ss

舳倉島その16

ノビタキはあちらこちらに沢山居ました。

10ノビDSC02973s

11ノビDSC02976s

12ノビDSC03204s

舳倉島その15

これも残念ながら普通のヒバリでした。

17ヒバリDSC03215s

舳倉島その14

こちらムネアカタヒバリです。
これは過去にも舳倉島で撮った事がありますが、前回撮ったものは顔や首の廻りがこんなに赤く無かったです。

15ムネアカDSC03240ss

16ムネアカDSC03253s

舳倉島その13

1日目に通り雨が降ってきたので、屋根のあるところで休んでいると、直ぐ近くにシメが来ました。
私のことは気にせずに菜の花(アブラナ?)をむしゃむしゃ食べてました。

25シメIMG_5549ss

26シメIMG_5555s

舳倉島その12

こちら帰りの船から撮ったアカエリヒレアシシギです。
実はもっと沢山居て船の直ぐ近くも飛んでくれたそうですが、波が高くて船が大揺れするので、諦めて船室で居眠りしてました。

32アカエリIMG_5902ss

舳倉島その11

これも普通のマヒワ♀です。

31マヒワIMG_5520s

舳倉島その10

これも調べてもフツーのアオジでした。

36アオジDSC03673s

37アオジDSC03687s

舳倉島その9

これも普通種のアトリです。
夏羽になって綺麗でした。

35アトリDSC03729s

舳倉島その8

逆光で良く解らない写真になってしまいましたが、クロツグミです。

34クロツDSC03168ss

舳倉島その7

赤色型ツツドリが桜に止まっていました。
桜に付いている毛虫を腹一杯食べて休憩しているようで、じっとしていましたのでゆっくり撮れました。

33ツツDSC02952s

舳倉島その6

タカブシギも舳倉島で休憩のようです。

39タカブシギDSC03467s

舳倉島その5

こちら特に珍しくはないビンズイです。
珍鳥などの同定能力の低い私の場合は、普通種でも一応写真を撮っておき、後で図鑑を調べることにしています。
これは何でもないビンズイでした。(^^;;

38ビンズイDSC03159s

舳倉島その4

こちらはノジコです。
この鳥さんは戸隠や過去に来た舳倉でも探したのですが、これまで出会いが無く初めて撮影しました。
此処までの4種は私にとってライファーとなります。

03ノジコDSC02812s

06ノジコIMG_5618ss

05ノジコDSC03789ss

舳倉島その3

船で輪島港から舳倉島に着いたとき、早速港で皆さんなんやら撮影しているので、聞いてみるとカラシラサギとのことです。
私も仲間に入れて貰って撮影しました。

23カラシラIMG_5523s

24カラシラIMG_5534s

舳倉島その2

次はこれも珍しいヒメコウテンシです。
これも私は解りませんでしたが、皆さん良く知ってますね。
ヒメコウテンシは複数居たようです。

19ヒメコウDSC03336ss

20ヒメコウDSC03425s

22ヒメコウIMG_5797ss

舳倉島その1

5/3,4で舳倉島へ行きました。

私だけなら普通のムシクイと思ってしまうのですが、沢山の人が集まって写真を撮っていたので聞いてみるとチフチャフと言うそうです。
名前は聞いたことがありますが会えるとは思っていませんでした。
現場でこれを見てきちっと同定できる人はかなりのものですね。
5/3に撮った写真ですが、次の日に同じ場所へ行ってももう居ませんでした。
正面顔が可愛いです。

27チフチャフIMG_5706ss

28チフチャフIMG_5862ss

29チフチャフIMG_5864s

30チフチャフIMG_5870s

森のオオルリ

昨日今日と風が強いせいか、オオルリが低いところで採餌していました。
風当たりの少ないところを飛び回っていましたが、風当たりが少ないと言っても時おり強い風が吹いてきて、枝は大揺れで難しい撮影でした。
また、天気が良かったので羽根がテカって歩留まりは良くありませんでした。
鳥が結構近かったのでついついズームしてドアップを撮ってしまいます。

7オオルリDSC02679Ds

6オオルリDSC02638s

5オオルリDSC02468s

9オオルリDSC02719s

2オオルリDSC02053s

都市公園

前回のオオルリより、テンプレートを変更して、ブログのサムネイル画像を大きくしました。
一番最初は横幅が400pic.だったかな?(忘れてしまいました)その後610pic.にしましたが、前回から更に750pic.としましたので少し見易くなったなと自己満足しています。
何れにしてもアップロードしている画像は横幅1024pic.ですので、画像をクリックして頂くと大きな画像を表示します。

今日は都市公園でキビタキを撮ってきました。
キビタキを撮っているときに、地味な色の鳥が居てスコープで見るとオジロビタキのように思い、頑張って撮影しましたがどうもキビタキのメスのようです。
オジロビタキ独特の「ピリリ!」と言う鳴き声が聞けなかったのと、時期的にもオジロビタキは出ないですよね。
キビタキ♀が間違いでしたらご指摘をお願いします。m(_^_)m

キビタキ♂

07キビオスDSC01797s

06キビオスDSC01784s

03キビオスDSC01647s

キビタキ♀

09キビメスDSC01561s

08キビメスDSC01715s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Canon PowerShot S200
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
 Canon EOS-90D
・レンズ(鳥用)
 Canon EF500mm F4L ISⅡ USM
   EF400mm F4 DO ISⅡ USM
   EF200mm F2.8LⅡ USM
   EXTENDER EF1.4XⅢ

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01
 sachtler FSB6
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR