鳥涸れ

溜の蓮が綺麗に咲いていますので、此処にカワセミが来ないかと朝からを待っていましたが、全然出てくれません。
しょうがないので、蓮とその横に咲いている睡蓮を撮って場所換えです。
山方面へキビタキを探しに行きましたが、これ又少なくなって囀りも一時のような賑やかさはありません。
そんなところへ鳥友さんから「キビタキ居るよ。」と電話を貰い、急いでその場所へ。
この子はも一つゆっくり撮らせてくれませんでしたが、何とか少しは撮影することが出来ました。
今日はボ-ズになるところでしたが、鳥友さんのお陰で何とか救われました。
(感謝、感謝!)

ハス(左上にたまたまミツバチが入っていました。(^^)v)
DSCN2850s.jpg

スイレン
DSCN2849s.jpg

何とか撮れたキビタキ
DSCN61s.jpg

DSCN64s.jpg

DSCN73s.jpg
スポンサーサイト

神社へ様子見

約2週間ぶりに神社へアオバズクを見に行ってみましたが、未だ抱卵中のようで雄と思われるのが木に止まって警備中でした。
今年も可愛い雛が出てくるのを楽しみにしていますが、雛が顔を出すのは未だ2~3週間位かかりそうです。

DSCN2840s.jpg

DSCN2811s.jpg

DSCN2832s.jpg

北海道遠征33

北海道遠征の最後です、こちらも逢いたかったノゴマです。
渡りの時期には都市公園などでも見られますが、やっぱり草原や湿地で囀っているノゴマは良いですね。
一枚目はワタスゲの咲いている湿原で見つけましたが、なかなか良いところには来てくれずこれしか撮れませんでした。
後は牧場近くの草原ですが、うまいこと馬がバックに居たのであちこち場所を探して、馬バックの囀りが撮れました。
この草原は早朝で霧が出ていましたので、ヒストグラムとコントラストの補正をしています。

87ノゴマDSC05726s

88ノゴマDSC05792s

89ノゴマDSC05873s

90ノゴマDSC05883s

91ノゴマDSC06000s

北海道遠征32

北海道遠征で一番逢いたかったクマゲラです。
この個体は羽根が真っ黒ではなく少し茶色がかっていますが、宿のご主人に聞いてみるとご年輩のクマゲラだそうです。
この日は雨で寒かったのですが、森から「ケッ!ケッ!!」と言う声が聞こえたときは興奮しました。
その後初めて森の奥の方に居るのを見つけ、震える手でデジスコのレリーズを押したのが1枚目です。
この時は思わずガッツポーズをしてしまいました。(^^;;
初めてなので贅沢は言えませんが、いつか真っ黒なのも撮りたい!!!

92クマゲラDSC05198s

93クマゲラDSC05213s

94クマゲラDSC05395s

95クマゲラDSC05469s

96クマゲラDSC05582s

北海道遠征31

シマセンニュウもそこら中で沢山囀っていました。
もう少し花が咲いているともっと良かったのですが、贅沢かな?(^^;;

78シマセンニュウDSC05925s

79シマセンニュウDSC06016s

80シマセンニュウDSC06050s

81シマセンニュウDSC06060s

82シマセンニュウDSC06096s

北海道遠征30

地元では簡単には撮れないコヨシキリです。
囀りはオオヨシキリと似ていますが、口の中の色がオオヨシキリは赤、コヨシキリは黄色ですので、写真を撮ると直ぐに解ります。
北海道では草原や湿地で沢山囀っていました。

83コヨシキリDSC05691s

84コヨシキリDSC05700s

85コヨシキリDSC06256s

86コヨシキリDSC06454s

北海道遠征29

エゾリスが居た公園を散歩していると、シロハラゴジュウガラが沢山居ました。
動きが早いのでデジ眼でも撮るのに苦労しましたが、何とか止まっているのも有りました。

69シロハラゴジュウガラIMG_2864s

北海道遠征28

オオジシギも色んなところで大きな声を出して居ました。
時々「ギューン!」と言う音がするので、何事かと思うと頭上を飛んでいます、何処かに止まると例の「ズビャーク、ズビャーク!」と言う声で囀って賑やかなことです。

70オオジシギDSC05952s

71オオジシギDSC05973s

北海道遠征27

エゾフクロウが居る公園へ行きました。
巣立ち雛と思われる個体が木の上の方に2羽居ましたが、親鳥は見つけることが出来ませんでした。
雛は真っ白で可愛い顔をして寝ていました。

72エゾフクロウDSCN2749s

73エゾフクロウDSCN2769s

北海道遠征26

夏羽のオオジュリンが居ました。
雄は真っ黒の頭で地元で見るのとは大違いです。
顔も黒いので写真を撮っても目が出ません。

74オオジュリンDSC06471s

75オオジュリンDSC06491s

北海道遠征25

エゾアカゲラは公園などの森に沢山営巣しており、餌運びに忙しそうでした。
本当はコアかゲラを探していたのですが、見かける事はありませんでした。

76エゾアカゲラDSCN2778s

77エゾアカゲラIMG_2785s

北海道遠征24

カッコウは色んなところで囀っていました。
普通は声だけでなかなか近くへは来てくれないのですが、写真を撮れる範囲に一度だけ来てくれました。

63カッコウDSC05629s

64カッコウDSC05638s

北海道遠征23

こちらでは冬にしか見られませんが、流石北海道ですベニマシコが居ました。
夏羽のベニマシコは真っ赤っかで綺麗でした。

65ベニマシコDSC05613s

66ベニマシコDSC06493s

67ベニマシコDSC06496s

北海道遠征22

ヤマゲラです。
宿泊した民宿の庭にしょっちゅう来ていました。
2羽で来ていたので近くに巣があるのかな?

68ヤマゲラDSCN2727s

北海道遠征21

こちら海鳥ではありませんが、名古屋→仙台のフェリーに乗船していたキジバトです。
航海中に3回ほど船の周りを飛んでいるのを見かけました、飛び疲れると船に止まって休憩していました。
仙台にどのような用が有るのかは解りませんが、うまいこと無賃乗船していました。
この他にムシクイの様な小さい鳥も何度か船の周りを飛んでいましたが、休憩場所が解らず写真も撮れなかったので種類は不明です。

61キジバトIMG_1560s

62キジバトIMG_1565s

北海道遠征20

今回の海鳥は最後ですがケイマフリです、これも結構沢山居ました。
後ろに延びた白いアイリングと真っ赤な足がよく目立ち、黒い鳥ながら結構綺麗です。
白いアイリングはタマシギやガビチョウと似たところがありますね。

56ケイマフリIMG_1859s

57ケイマフリIMG_1962s

58ケイマフリIMG_1994s

59ケイマフリIMG_2159s

60ケイマフリIMG_2290s

北海道遠征19

クロアシアホウドリです。
北の海では結構多く見られました。
「阿呆鳥」と言う名前はどうしてか解りませんが、他人事では無いような気がします。(^^;;
他の海鳥も同じですが、飛び立つときの全力疾走は一生懸命に見えて好きです。(^^)

52クロアシアホウIMG_1362s

53クロアシアホウIMG_3555s

54コロアシアホウIMG_9298s
55クロアシアホウIMG_9413s

北海道遠征18

コアホウドリですが、色の感じからカモメと間違えてしまいます。
良く知っている方は羽ばたきの早さが違うとか言われますが、私にはよく解りませんでした。

42コアホウドリIMG_0732s

43コアホウドリIMG_1084s

44コアホウドリIMG_1214s

45コアホウドリIMG_1307s

北海道遠征17

ウミスズメです。
他の海鳥に比べて小さいので可愛く見えました。
カンムリウミスズメは更に小さいのですが、海が荒れたときはどうしているのか、他人事ながら心配になります。

46ウミスズメIMG_1784s

北海道遠征16

ウミバトです。
図鑑などでは羽根に白い部分のあるものが多いのですが、この白い部分はばらつきがあり、この個体は全く白い部分が無い個体です。
1枚目の後ろ側に居るケイマフリと一緒に泳いでいましたが、違いが良く解ると思います。

48ウミバトIMG_2221s

47ウミバトIMG_2189s

北海道遠征15

写真が不鮮明ですが、風切両面と首の白い線からトウゾクカモメと思います。

49オオトウゾクIMG_1004s

北海道遠征14

海鳥が続きます、オオトウゾクカモメです。
風切両面にある1本の白い線が特徴です。

50オオトウゾクIMG_9537s

51オオトウゾクIMG_9541s

北海道遠征13

こちら北海道まで行かなくても見られますが、ヒメウです。
愛知県の外海では毎年見られますが、昨年は三重県でも現れてくれました。

40ヒメウIMG_1802s

41ヒメウIMG_2265s

北海道遠征12

憧れのエトピリカが撮れました。
実はこの前日にも岬から遠いところで浮かんでいるのを撮ったのですが、大喜びのあとよく見ると作り物(デコイ)を海に浮かべたものでした。
それが解ってがっかりした翌日のクルージングで、飛んでいるのを3回ぐらい見かけ、慌てて撮ったものです。
非常に減少している鳥なので、この先撮れるかどうか解りませんが、今回何とか撮れたのでラッキーでした。

38エトピリカIMG_1905s

39エトピリカIMG_2233s

北海道遠征11

ツノメドリです。
鳥が遠かったので写真は不鮮明ですが、過眼線の形、腹が白い、嘴の形からツノメドリで間違い無いと思います。

36ツノメドリIMG_3913s

37ツノメドリIMG_3918s

北海道遠征10

ウトウです。
往復のフェリーや海鳥クルージングで沢山見られました。
以前から不思議に思っていますが、嘴根本の白い出っ張りは何のために有るのでしょうか?

32ウトウIMG_1600s

33ウトウIMG_1609s

34ウトウIMG_2098s

35ウトウIMG_2449s

北海道遠征09

フルマカモメです。
名前はカモメですがミズナギドリの仲間だそうです。
写真が不鮮明で同定は難しいのですが、風切上面に2本の白い線があるのでフルマカモメと判断しました。

31フルマカモメIMG_0712s

北海道遠征08

ハシボソミズナギドリです。
ハイイロミズナギドリとよく似ていて間違っているかも知れません。
額がやや出っ張っているのと嘴が少し細いので、ハシボソミズナギドリと判断しました。

26ハシボソミズナギIMG_0222s

27ハシボソミズナギIMG_0245s

29ハシボソミズナギIMG_9517s

28ハシボソミズナギIMG_4264s

30ハシボソミズナギIMG_9624s

北海道遠征07

ハイイロミズナギドリです。
ハイイロミズナギドリとハシボソミズナギドリはよく似ていて、私にとって同定は非常に困難ですが、額の出っ張りが少ないのと嘴が細くないことからハイイロミズナギドリと判断しました。
何処が灰色か解らず、不思議な名前です。

23ハイイロミズナギIMG_3115s

24ハイイロミズナギIMG_3226s

25ハイイロミズナギIMG_4184s

北海道遠征06

アカアシミズナギドリです。
足がピンク色で嘴は黄色で先端のみ黒いので間違い無いと思います。

19アカアシミズナギIMG_9801s

20アカアシミズナギIMG_9823s

21アカアシミズナギIMG_9879s

22アカアシミズナギIMG_9904s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Panasonic DMC-LX3
 Nikon COOLPIX P340
 Canon PowerShot S200
 Fujifilm XQ1
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
・レンズ(鳥用)
 Canon EF400mm f/4 DO ISⅡ
     EF200mm f/2.8L Ⅱ
 X1.4テレコン Canon、Sigma

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01X2台
 Manfrotto 701RC2
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR