FC2ブログ

何年ぶり?

ブッポウソウは以前何時撮ったか覚えてないほどご無沙汰で、以前は長野県某所でしたが今回は岡山県の別フィールドです。
綺麗な鳥ですが、これまで人工物止まりの写真や空抜けのトビモノが多く、今回ようやくそれなりの写真を撮る事が出来ました。
こちらはアカショウビンの時ほど暗くは無かったのですが現地到着が遅く、日が出ている時は逆光、日が落ちると直ぐに暗くなってきますので、これも結構難しい撮影でした。
今回撮ったアカショウビン、コノハズク、ブッポウソウは全てデジ眼(EOS-7D/600mmf4)での撮影です。

19ブッポIMG_6739s

17ブッポIMG_6605s

16ブッポIMG_6523s

15ブッポIMG_6481s

14ブッポIMG_6693s

山陰の森-2

コノハズクです。
これも昼間は薄暗い木陰に潜んでいるので何処から撮っても背景だけが明るく、露出補正は難しかったのですが、
幸い鳥はじっとしているので何とか撮る事が出来ました。
このコノハズクも赤色系との事でしたが、一昨年撮った赤色系と比べて普通のコノハズクに近く、余り赤くありませんでした。
野鳥保護のために撮影時間は限られていましたが、撮影が終わる少し前に目を開けてくれました。

01コノハズクIMG_6079s

山陰の森-1

今回の遠征で一番撮りたかったアカショウビンです。
これまではデジスコでのトマリモノしか撮っていませんでしたので、今回は一眼でのトビモノに挑戦しました。
現地到着時は土砂降りの雨で、到着後2時間くらいは車から出られませんでした。
その後雨が止んだのでフィールドへ行き撮り始めましたが、雨は止んだものの森は暗くトビモノを撮るほどのSSにはなりませんでしたので、やむを得ずこれまで使った事の無いISO6400!で撮影を始めました。
結局その日は一日中曇り空のままでしたので、明るい時でもISO2500程度までしか、感度を下げることが出来ませんでした。
その夜は現地で一泊し翌日に期待しましたが、翌日もややましな天候ながら午前中は曇り空で、一番明るい時でも1SO1250どまり程度に終わってしまいました。
私のEOS-7DではISO800が綺麗に撮れる上限と思っていますので、満足な写真にはなりませんでしたが結構楽しく撮影することが出来ました。

12アカショIMG_6132s

06アカショIMG_6394s

05アカショIMG_5915s

03アカショIMG_5754s

02アカショIMG_5708s



中国大連の鳥-18

キバシリですが、これにもビックリしました。
冬に偶然目の前に止まってくれましたが、それ以降は一度も見られませんでした。
日本では見た事はあっても写真は撮れていませんので、大喜びしました。(^^)v

キバシリIMG_8666ss

キバシリIMG_8675ss

中国大連の鳥-17

ミヤマホオジロですが、国内に居るのと全く同じです。
大連では-20℃位になっても元気に飛び回っていました。
自然の水は全て凍り付いていますが、日中に少しでも氷が溶けるとそこに集まっていました。

ミヤマホオジロIMG_0866s

ミヤマホオジロIMG_5945ss

ミヤマホオジロIMG_6786ss

ミヤマホオジロP1240262s

高ISOテスト

今日もアオバズクを見てきましたが、2羽目の雛は未だ出ていませんでした。
デジ眼の高ISOを使いたい事があって、EOS7DにてISO1600、3200、6400のテストをしてみました。
1枚目は884/11WZ/LX3のデジスコでレタッチ有りです、2,3,4枚目はEOS7Dと300mmF4+x1.4テレコン使用で、ノーレタッチ、トリミングのみです。
結果はやっぱりノイズ、コントラスト、解像の面でかなり画質低下するようです。
1DXはISO10000以上まで使えるそうですが、手が出ない・・・

こちらデジスコISO80です。
04アオバズクP1850091s

7DでISO1600
05アオ1600IMG_5486s

7DでISO3200
06アオ3200IMG_5486s

7DでISO6400
07アオ6400IMG_5486s

7DでISO6400ですが、首を振って雨を飛ばしたところが撮れました。
08アオ6400IMG_5530s

今日も雨に・・・

今日もサシバを見に行きましたが、再度雨にたたられ帰ってきました。
曇天空抜けじゃ無いトビモノを撮りたい!

03サシバP1850078s

02サシバ800IMG_5469s

01サシバ500IMG_5420s

たまには猛禽

午後から山に行ってサシバを撮っていました。
移動中に大雨となり、現地でも雨と霧で撮影条件は良くなかったのですが、何とか少しは撮る事が出来ました。
飛び立ってから暫く経って、戻ったときには蛇を持っていました。
画像は霧が掛かっていたので、レベル補正とコントラスト調整後、大トリミングです。

13サシバIMG_5347s

10サシバIMG_5341s

09サシバIMG_5299s

見事に予想外れ^^;;

昨日まではもう少し先と思っていたのですが、見事に予想が外れ、今朝は1羽が巣立ちしていました。
未だ巣の中に居ますので、これが何時巣立つか目が離せません。

01アオバズクP1840802s

02アオバズクP1840968s

03アオバズクP1850038s

04アオバズクP1840818s

05アオバズクP1840952s

もう少し??

今日も見に行きましたが、雛はかなりアオバズクっぽくなって良く顔を見せているものの、未だ巣立ちまでには少しかかりそうです。
私の根拠の無い勝手な推測では、あと4,5日かかりそうです。(明日出ても責任は持ちませんが・・(^^;;)

今日のお父さん。
IMG_4934s.jpg

今日のお母さん。
IMG_4932s.jpg

中国大連の鳥-16

サメビタキです。
こちらでは少ないですが、大連ではコサメビタキと同じくらい多く見られました。
この鳥も可愛いですが、コサメビタキとは違った顔つきに見えます。

サメビタキIMG_4980s

サメビタキIMG_5002s

サメビタキIMG_5087s

サメビタキIMG_5111s

中国大連の鳥-15

コサメビタキです。
色は地味ですが、目が大きく何処で見ても可愛い小鳥そのものですね。
先日戸隠で見たのですが、カッコウが近づくとコサメビタキ数羽で攻撃をしていました。
まさか小さなコサメビタキに托卵するとは思えないのですが、小さな体でも勇敢なのに驚きました。

コサメビタキIMG_3570s

コサメビタキIMG_3581s

コサメビタキIMG_4624s

中国大連の鳥-14

こちらも大連では普通種のビンズイです。

ビンズイIMG_6996ss

中国大連の鳥-13

ミソサザイです、これにはちょっと驚きました。
私の中ではミソサザイは山中の清流に居るものというイメージがありましたが、この様な町中の公園に居るとは思いませんでした。
ミソサザイは渡らない筈なので、飛んでいる途中に何らかの理由で水のある所に降りたと思いますが、此処の水は酷く汚れているのでミソ君も当てが外れたと思います。
チョウセンミソサザイかも?

ミソサザイP1010595s

ミソサザイIMG_0335s

ミソサザイP1010614s

中国大連の鳥-12

チョウセンメジロは日本のメジロと比べると、両脇に明確な茶色の部分があり直ぐに解りました。
20羽位の群で水浴びに来てくれましたが、日本のメジロほど頻繁に見ることはありませんでした。

チョウセンメジロIMG_4079s

チョウセンメジロIMG_4148s

中国大連の鳥-11

アトリも冬になると大連には大量にいました。
公園の水場では鳥が警戒してなかなか降りて来ないのですが、待っていると先ずアトリが木の上から水を飲みに
降りて、その後何も無いのを見計らって他の鳥も降りて来ていましたので、他の鳥が撮れたのもアトリのお陰という部分もあります。

アトリIMG_6918ss

アトリIMG_8895s

アトリP1250375s

山にて4

カケスも遠くに止まったのを見つけましたが、露出ミスで真っ黒!
出来るだけ修正したのですが、これが限界でした。

カケスP1840542s

山にて3

イヌワシ目的では無かったのですが真上を通過したので、後ろ姿だけでも撮っときました。
凄いスピードで下っていきましたが、どうせ出るならゆっくり飛んで欲しいものです。

イヌワシIMG_4838s

山にて2

下の方にシカが居たので撮っときました。
そう言えば前にも同じ所で見た事があり、餌場のコースになっているようです。

シカP1840515s

山にて1

山で鳥さんを待っていましたが、ホオジロが目の前で囀るのでついつい撮ってしまいました。

ホオジロIMG_4828s

中国大連の鳥-10

大連にはどちらかというとヒレンジャクよりキレンジャクの方が多くいました。
時には混群になって赤と黄が入り交じっている事もあります。
私にとっては赤は毎年地元でも見られるので、黄の方を一生懸命撮ってしまいます。

キレンジャクIMG_7434ss

キレンジャクP1230820s

キレンジャクP1240447s

中国大連の鳥-09

季節外れの鳥が続いてスミマセン、大連は土地柄冬鳥が多いですね。
ヒレンジャクです、日本ではヤドリギなど木や草の実に集まってきますが、大連では2月頃に町中の街路樹に群で止まっているのを見た事があります。

ヒレンジャクIMG_7355ss

ヒレンジャクP1240190s

中国大連の鳥-08

こちらも普通種のシメです。
冬になると時々居てくれました。

シメIMG_7244ss

中国大連の鳥-07

普通種の代表シジュウガラです。
改めて見ると、普通種なので余り撮っていませんでした。

シジュウガラIMG_9977s

中国大連の鳥-06

日本でも見られる普通種が続いたので、こちらでは先ず見られないヤマショウビンを上げます。
撮ったには秋の渡り時期ですが、私としても初めて見る鳥で、町中の公園に居るのが信じられないのでビックリしました。
林から出てきて池の手すりを見ると綺麗な鳥が止まっているので、草陰に身を隠してその場所から撮りました。
撮った距離は30m余り有ったと思います、撮った後しゃがんだままで少し近づいたら飛ばれてしまい、林の中に入ってしまいました。
その後は林の中を探しても見つからず、池の近くで待っていても2度と現れませんでした。
デジスコが有ればもう少し綺麗に撮れたと思いますが、この時はPanaのFZ28しか持っておらず、この写真のみです。

ヤマショウビンP1230408s

ヤマショウビンP1230415s

中国大連の鳥-05

こちらヒガラですが、何処で見ても可愛い小鳥です。
大連にはシジュウガラも沢山居ますが、ヒガラもシジュウガラと同じくらい沢山居ました。

ヒガラIMG_5718ss

ヒガラIMG_6593ss

ヒガラIMG_6769ss

ヒガラIMG_8079ss

ヒガラIMG_8659ss

中国大連の鳥-04

ノビタキも過去に2回確認しています。
多分渡り途中の休憩で寄ったと思いますが、元気に虫などを採っていました。
ノビタキは背景の抜けた高いところに止まってくれますので、撮り易いですね。

*神社のアオバズクは今日も特に変化は無しです、変わったのは雛が顔を出す回数が増えてきている事と、カメラマンがここ3日位で結構多くなっている事です。
顔を出すと言っても、穴の暗いところで時々目が見える程度ですので、もう少し経たないと雛の姿を確認する事は難しいと思います。

ノビタキP1230480s

ノビタキP1230502s

ノビタキP1230579s

ノビタキP1230601s

中国大連の鳥-03

カワセミは日本だと何処にでも居る鳥ですが、大連は雨が非常に少ないせいか魚の居る様な綺麗な水の池や川が少なく、そんなに多くはないと思います。
私がいつも行っていた公園の池では、過去5年間で2回だけ確認していますが、魚が少ないので直ぐに居なくなりました。
海外でカワセミを見ると何だか懐かしい感じがします。

カワセミP1120235s

カワセミP1120257s

カワセミP1120339s

カワセミP1120476s

中国大連の鳥-02

前回書き忘れましたが、中国大連へ出張していたのは在職中の話で現在は退職しており、もっぱら国内の鳥見に専念です。

カササギの次はシロガシラです。
シロガシラは町中で見る事は少ないのですが、ホテル裏山の公園へ行くと年中沢山居ました。
最初に見た時は何だか解りませんでしたが、たしかネオポンさんちの掲示板にUPして鳥友さんに教えて貰った記憶があります。
大きさはヒヨドリよりも少し小さい程度で、繁殖時期には結構綺麗な声で囀ります。
私的には結構好きな鳥ですが、カササギよりも警戒心が強く撮ろうとすると直ぐに逃げられてしまうので、何時も木陰などに隠れて撮る事が多かった様に思います。

ちょっと絵になったシーン(^^)v
シロガシラIMG_1043s

虫をフライングキャッチ!
シロガシラIMG_5615ss

木の実も食べます。
シロガシラIMG_5887ss

喧嘩してました。
シロガシラIMG_7106ss

休憩中。
シロガシラIMG_8421ss

中国大連の鳥-01

私が初めて中国に行ったのは1992年でしたので、もう20年以上前になります。
その後上司から中国大連へ駐在の命があり、1993年から1996年まで大連に駐在していました。
その当時は鳥に興味はありませんでしたが、大連にはスズメは居てもカラスは居なくて、白黒の変な鳥が沢山居ると思いながらもさほど気にはしていませんでした。

写真自体は若い頃に当時の国鉄を走っていたSLに始まり、花、風景、飛行機等を撮って楽しんでいましたが、大連駐在時代は飛行機の写真に興味があり、中国各地の空港へよく撮りに行った想い出があります。
その後日本に帰任して、2003年のある日にたまたま居たカワセミを撮ってからその美しさに填り、鳥写真しか撮らなくなってしまいました。
その後も頻繁に大連へは出張していましたが、変わった鳥に会う事もなく大連には野鳥は少ないと思っていました。
出張期間は1ヶ月程度が多かったので出張中の休日は暇をもてあましていましたが、2008年の出張中にホテル近くの公園を散歩していると結構鳥が居る事が解り、それ以降は高倍率ズーム機を持って出張し、休日にそこの公園で鳥写真を撮り始めました。
撮り始めた当時はホテル近くの公園以外に、大連森林動物園へも何度か行きましたが、近年は近くの公園ばかりで撮っていました。

前置きが長くなりましたが、これまで約5年間の間に大連で撮れた鳥を少し整理してみましたので、ぼつぼつとアップしていこうと思っています。
まず最初は「白黒の変な鳥」ですが、鳥写真を初めてからカササギという名前が解りました。
カササギは日本のカラスと同様に町中にも沢山居て、「カシャカシャ!」と五月蠅いのですが、「白黒」では無く頭部は黒、胴体は白と黒、風切りは青と白、尾羽はメタルカラーで結構美しい鳥です。

カササギIMG_5777ss

カササギIMG_5791ss

カササギIMG_5858ss

カササギP1240057s

カササギP1240247s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコとデジ一眼で野鳥写真を撮影しています。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Canon PowerShot S200
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2・・2台
・レンズ(鳥用)
 Canon EF500mm F4L ISⅡ USM
   EF400mm F4 DO ISⅡ USM
   EF200mm F2.8LⅡ USM
   EXTENDER EF1.4XⅢ

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01
 sachtler FSB6
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR