FC2ブログ

流星群

昼間の撮影は暑いので夜の撮影です。
ペルセウス流星群ですが、昨夜11:30頃から約2時間で、目視では20個程を見る事が出来ました。
それで写真なんですが、考えていたより難しい!
流星群の撮影方法はWebに沢山出てきます、レンズは広角の明るいレンズを使用となっていますが、そんなレンズは持ってないので、「広角」を優先するか「明るい」を優先するか考えたあげく、手持ちの一番明るいレンズ50mmF1.8を使いました。
ところがこれが間違いで、流星は結構見られるのですが、写真の画角外ばかりです。
カメラがEOS-7Dなので実質80mmレンズとなり、画角が狭すぎますね。
そんな事で、満足な写真は撮れませんでしたが、400枚くらい撮って1枚だけそれらしいのがありました。
この時は目視でも流星を確認していますので、多分本物と思います。

IMG_9316s.jpg

中国大連の鳥-42

コホウアカです。

コホオアカIMG_1476s

コホオアカIMG_3252s

中国大連の鳥-41

シベリアアオジです。

シベリアアオジ05_2799s

帰り際

田圃の帰り際にヒクイナを見つけました。
番と思われる2羽が居ましたが別々の田圃へ離れていき、その内に見えなくなりました。
鳥友さんがこの近くで雛も見ていますが、見つけることは出来ませんでした。

ヒクイナDSCN3574s

ヒクイナDSCN3582s

ヒクイナDSCN3594s

ヒクイナDSCN3610s

朝の田圃

日中は暑くて熱中症になりそうなので少しでも涼しい朝のうちに田圃を見に行きました。
休耕田にはいつものコチドリ、イソシギ、キアシシギが居ましたが、ケリが1ヶ所の休耕田に30羽位集まっていました。
ケリはあちこちに沢山居ますが、1ヶ所に沢山集まっているのは初めて見ました。

ケリDSCN3555s

ケリDSCN3559s

モバイルバッテリー

今日家電量販店を除いていたら、モバイルバッテリーを特価で販売していました。
製品としてはスマートフォンの充電用として、スマートフォン関連の場所で販売されていましたが、デジスコ用カメラの充電用に使えないかと思い、衝動買いしてしまいました。
買ってきてからNet販売の最安値を調べましたところ、最安値と同じ価格でしたのでまあ良いかと言うところです。
帰ってから直ぐにこのモバイルバッテリーをAC-USB変換器から充電しました。
4時間程度でフルチャージとなったので、先ず携帯電話(普通の折り畳みです^^;;)を充電してみましたが、ちゃんと電話の充電ランプが点きますのでとりあえずスマートフォンでなくても使えそうです。
その後写真のデジスコ用RX100を充電してみましたが、カメラの充電ランプが点灯しこれも異常なく充電できるようです。
モバイルバッテリーの説明書に書いてある対応機種はスマートフォンだけですが、早い話がUSBで充電出来るものなら何でも使えそうです。
暑い日に屋外でUSB扇風機も使えそうですね。(^^)
私が購入したのは容量が2200mAhですので、コンデジの電池1.5回分くらいは使えると思います。
メーカ純正の電池は高くて何個も買えないので、これを使って外出先で充電するのも良いかな?と思って買いましたが、USB入力の充電器が販売されてないので、充電にカメラ本体を使わないといけないところが問題ですね。

追記
ふと思いついて確認しました、NIKON P330はカメラに充電ケーブルを繋いだ状態だと撮影出来ませんが、SONY RX100は充電ケーブルを繋いだ状態で撮影が出来ます。
両方ともカメラ本体に電池を入れない状態で、モバイルバッテリーから電源を供給して撮影してみましたが、RX100は正常に撮影出来、P330は撮影モードで電源がONに出来ませんでした。
(取説出も確認しましたが、同じ事が書いてありました。)
と言う事は、RX100はこのモバイルバッテリーを電源にして撮影出来ると言うことで、電池の取り付けを工夫すれば純正電池の約2倍の容量で撮影出来ると言うことが解りました。(^^)v

P1850734s.jpg

何があった?

いつもアオバズクを撮らせて貰っている神社のご近所さんから連絡を貰いました。
昨日神社に行った時に境内にアオバズクと思われる羽根が沢山落ちているのを見つけたそうで、羽根を保管して貰っているとの事でした。
今日その羽根を貰ってきましたが、親鳥のものか巣立ち雛のものか、何があったのか等解りませんが、何かトラブルが有ったようです。
また、2,3日前までは夜になるとアオバズクの声がしていましたが、昨夜は聞こえなかったと言う話も聞きました。
ちょっと心配です。

貰ってきた羽根全てです。
P1850708s.jpg

大きい羽根
P1850713s.jpg

小さい羽根
P1850717s.jpg

中国大連の鳥-40

コウライウグイスです。
日本国内でも都市公園や舳倉島で確認はしていますが警戒心が強く、写真は中国大連でしか撮れていません。
私がいつも行っていた大連の公園では毎年繁殖している様で、巣立ち雛も見る事があります。
春になると渡ってきて囀りを始めますが、まさにウグイスのような綺麗な声です。
夏になると囀りはしませんが、猫のような声で鳴いているのを良く聞きました。
1枚目は若鳥と思います。

コウライウグイスP1230076s

コウライウグイスIMG_2856s

コウライウグイスIMG_2881s

中国大連の鳥-39

今日はこの暑さなので出かける気にもならず、ホームセンターと家電量販店で少し買い物をしていました。
そんな事で、中国で撮ったカラフトムジセッカを上げます。
これも同定出来ませんでしたので、鳥くんに教えて貰いました。

カラフトムジセッカ01_9920s

お疲れ

アオゲラです。
最初は若かと思いましたが、羽根がボロボロでどうも子育て後の親鳥みたいです。
雛は連れていませんでしたので、もう独り立ちしたようです。
こちらも機材はオオルリと同じく手持ち一眼です。

02アオゲラIMG_9237s

03アオゲラIMG_9220s

04アオゲラIMG_9146s

05アオゲラIMG_9207s

06アオゲラIMG_9224s

若のようです

山で座っていたらオオルリが止まりました。
背中が撮れてないので雌なのか若なのかよく解りませんが、感じとしては若のようです。
今日の機材はデジ眼手持ち(300mmf4/X1.4TC)です。

01オオルリIMG_9075s

休耕田探索-4

アオアシシギです。
今日の確認は以上ですが、これから何が出てくるか楽しみです。(^^)

08アオアシシギDSCN3519s

09アオアシシギDSCN3541s

休耕田探索-3

キアシシギも久しぶりに見る事が出来ました。
こちらもこれから増えてくると思います。

06キアシシギDSCN3466s

07キアシシギDSCN3475s

休耕田探索-2

先日までケリとタマシギしか居なかった休耕田にシギチが増えてきています。
季節になると沢山居るイソシギですが、久しぶりに見るので新鮮でした。

04イソシギDSCN3459s

05イソシギDSCN3493s

休耕田探索-1

田圃を見に行きましたがコチドリが沢山おり、今年生まれと思われる若鳥も居ました。
コチドリはこの付近でも繁殖していますが、沢山居ましたので此処へ集まってきているようです。

01コチドリDSCN3502s

02コチドリDSCN3499s

03コチドリDSCN3455s

間違い訂正


高地遠征-3の記事でホシガラスが食べている実をシラビソと書きましたが、これにつきまして間違っており実はハイマツとのご指摘を頂きました。
撮影した画像を拡大して再確認しました結果、ご指摘通りハイマツの実であることが解りました。
ご指摘有り難う御座いました。

こちら実を食べている写真をトリミングして拡大したものです。
ハイマツの球果は緑色でシラビソの実は紫色なので、この実はハイマツですね。
DSC01651s.jpg

尾羽が短い!

営巣しているサンコウチョウですが、今日見に行くと雄の長い尾羽が無くなっていました。
未だ2番子が巣立ちしてないのですが、渡りの準備でしょうか?
尾羽の短いサンコウチョウは雄雌の区別が難しくなってしまいました。
一方、1番子はかなり大きくなって産毛もほとんど無くなり、見かけは立派なサンコウチョウになっています。
以前は雄の親鳥にひっついて餌を貰っていましたが、今は自分で餌を採れるようになっており、単独で飛び回っています。
巣の中にいる2番子の雛は、時々巣の縁に上がって羽ばたきの練習をしており、今にも巣立ちしそうです。
私は今日見に行って、カメラの電池が無くなったので16時頃に撤収しましたが、その後16:30頃に3羽中1羽の雛が巣から出たと言う話を鳥友さんから聞きました。

DSCN3350s.jpg

DSCN3343s.jpg

DSCN3334s.jpg

中国大連の鳥-38

アカマシコです。
これも撮ったときは「黄色くないカワラヒワ」にしか見えませんでしたので、鳥くんに教えて貰いました。
雄は赤いのですがこの時は赤くない雌ばかりで、昨年5月に3羽位見かけました。

アカマシコIMG_4897s

アカマシコIMG_4925s

アカマシコIMG_5368s

アカマシコIMG_5375s

中国大連の鳥-37

久しぶりに中国大連の鳥シリーズ37です。
冬季に撮ったものですが、変わったモズと言うだけで名前が解らないので、鳥くんに写真を送って教えて貰いました。
カラアカモズだそうです。
見たのはこの時1回だけでした。

カラアカモズP1230237s

カラアカモズP1230273s

カラアカモズP1230280s

カラアカモズP1230301s

高地遠征-5

こちらデジスコで撮影したホシガラスです。
3日目午後の1.5時間くらいでデジスコ分は800枚位撮影しましたので、その中から5枚を貼ります。

02ホシガラスDSC01761s

03ホシガラスDSC01592s

04ホシガラスDSC01422s

05ホシガラスDSC01716s

06ホシガラスDSC01629s

高地遠征-4

高地遠征-1~3はデジ眼(EOS-7D/300mmf4/X1.4テレコン)での撮影です。
-4,5はデジスコ(TSN-884/TE-11WZ/RX100)での撮影分です。

2日目に雨が小降りになってきたので、デジスコを持って出ましたが何もおらず、その内に雨が降ってきて東屋で雨宿りをしている時に、直ぐ近くにウソが止まりました。
距離は5mくらいで近かったのですが、ウソも雨に濡れてビショビショでした。
背景は山ですが、霧で空抜けのようになってしまいました。

01ウソDSC01281s

高地遠征-3

目的のホシガラスです。
雨が降っていた時にも時々見かけていたのですが、雨が止んだ3日目の午後は親子4羽が良く出てくれました。
高い木の上に止まりハイマツの実を探して、美味しそうなのを見つけると低いところへ降りてきます。
その後実を持って木陰でゆっくりと食べるというのを繰り返していました。
こちらデジ眼での撮影分です。

06ホシガラスIMG_8574s

07ホシガラスIMG_8597s

08ホシガラスIMG_8689s

09ホシガラスIMG_8892s

10ホシガラスIMG_8965s

高地遠征-2

ウグイスです。
雨で何も出ないので、傘を差してデジ眼のみ持って廻りましたが、ウグイスだけは声高らかに囀っていました。
こちらも雨と霧の中で撮っていますので、レタレタです。

04ウグイスIMG_8489s

05ウグイスIMG_8492s

撮影機材:EOS-7D/300mmf4/X1.4テレコン

高地遠征-1

涼と鳥を求めて、高地へ遠征しました。
最初は1泊だけの予定でしたが、2日とも雨で撮影が出来ず、結局「撮れるまで帰らない!」と思って2泊してしまいました。
粘った甲斐があって、3日目の午後は雨が止み鳥さんも良く出てくれて、最後の半日だけで1500枚位撮ってしまいました。
「涼」に付いては、天気が悪いせいもありましたが、3日共16℃くらいで快適でした。
先ずはアマツバメです。霧でコントラストが悪すぎるので、かなりレタッチしています。

到着時と次の日は雨と霧でした、霧が晴れた時に撮った風景です。
01風景DSC01260s

02アマツバメIMG_8402s

03アマツバメIMG_8430s

三度目ですが

コウノトリは未だ遠くには行っていませんでした。
サラリーマンの鳥友さんが未だ見た事が無いとの事でしたので、案内がてら再度行ってみました。
以前の場所から少し移動していましたが、直ぐ近くなのでまた元の場所に戻る可能性もありますね。
戻るか別の場所に行くかは餌の状態によると思いますが、私の希望はもっと近くに来てくれないかな?と、少し期待をしています。
今日は「別の雰囲気で撮れると良いな。」と思って行きましたが、天候が良すぎてシロトビが避けられず良い写真は撮れませんでした。
まあ、居てくれただけヨシとしないといけないですね。
コウノトリは大きいので、これまで手持ち一眼で撮ってましたが、今回初めてデジスコで撮りました。

こちら露出補正-1.0EVですが、激しくシロトビしています。
1コウノトリDSC01233s

同じく-1EVです。
2コウノトリDSC01220s

こちら-1.7EVですが、これでもシロトビです。
3コウノトリDSC01197s

こちらも-1.7EVですが・・・
4コウノトリDSC01201s

撮影機材:Kowa TSN-884/Kowa TE-11WZ/Sony DSC-RX100

焼酎一杯

山で猛禽を待っていたら、後の林で「焼酎一杯グイーッ!」と言う声が聞こえました。
声のする方を見るとやっぱり居ました、センダイムシクイです。
目的の猛禽はダメでしたが、久しぶりにセンダイムシクイに会えたので、満足して帰りました。

01センダイムシクイDSC00713s

02センダイムシクイDSC00724s

03センダイムシクイDSC00726s

04センダイムシクイIMG_8074s

05センダイムシクイIMG_8122s

1~3枚目はデジスコ(884/11WZ/RX100)、4,5枚目はデジ眼(7D/300mmF4+X1.4テレコン)です。

神社

今日は海、田圃、山を廻りましたが、なーんにも居ませんでした。
帰りに神社のアオバズクを見に行きましたが、昨日と同じ場所に止まっており相変わらず枝被りで、枝と葉っぱの隙間から撮ると言う感じでした。
数も昨日と同じ親2羽と雛3羽が居ました。

親鳥です。
01アオバズクDSC00589s

雛です。
02アオバズクDSC00572s

雛が少しずつ離れて止まっており、デジスコで2羽を入れようとするとケラレ状態になります。
03アオバズクDSC00595s

親の近くに雛1羽が近づいてくれました。親の方が少しだけ近いので両方にピンが来ません。
こちら親鳥にピンを合わせたものです。
04アオバズクDSC00644s

こちら雛鳥にピンを合わせたものです。
05アオバズクDSC00661s

中国大連の鳥-36

キマユホオジロです。
これは大連の公園で撮ったものですが、舳倉島でも出会った事があります。
日本では珍しい鳥です。

キマユホオジロIMG_0129s

キマユホオジロIMG_2725s

キマユホオジロIMG_3294s

キマユホオジロIMG_9961s

中国大連の鳥-35

オオハクチョウです。
こちらでは冬になるとコハクチョウはよく見られますが、オオハクチョウが入るのは希です。
この写真は大連森林動物園の池で撮ったものです。

オオハクチョウP1000697s

オオハクチョウP1000788s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Canon PowerShot S200
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2・・2台
・レンズ(鳥用)
 Canon EF500mm F4L ISⅡ USM
   EF400mm F4 DO ISⅡ USM
   EF200mm F2.8LⅡ USM
   EXTENDER EF1.4XⅢ

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01
 sachtler FSB6
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR