中国大連の鳥-47

ハチジョウツグミです。
大連のツグミはほとんどハチジョウタイプで、普通ツグミは少ないです。
4枚目の写真は多分ハチジョウと思いますが、ひょっとすると違う鳥かもです。(^^;;

01ハチジョウツグミIMG_7169ss

02ハチジョウツグミIMG_7992ss

03ハチジョウツグミP1180769s

04ハチジョウツグミP1180910s
スポンサーサイト

中国大連の鳥-46

大連でちょっと変わったツグミを見つけ、鳥友さんからノドアカツグミで有ることを教えて貰いました。
冬季大連にいるツグミはほとんどがハチジョウツグミですが、たまには普通ツグミや変わり種が混じっていて面白い所です。

ノドアカツグミIMG_0411s

ノドアカツグミIMG_0619s

ノドアカツグミIMG_0634s

ノドアカツグミIMG_0801s

1羽だけですが

先日見つけたアカアシシギですが、未だ同じ池に居てくれました。
セイタカシギとアオアシシギが沢山居るので、1羽だけで肩身が狭そうです。

07アカアシDSC02868s

休憩中

水位が高いせいかアオアシシギが石の上で休んでいました。
セイタカシギでも足が少ししか見えないレベルなので、他のシギチは高いところへ避難するしかないですね。
写真は2枚共にアカアシシギが1羽だけ混じっています。

05アオアシDSC02558s

06アオアシDSC02937s

強風に耐えてました

今日は再度セイタカシギを見に行きました。
強風に耐えてじっとしていましたが、時々一部が飛び立ちます。
水位が少し高くなっており干潟になっている部分が少ないせいか、少し時間が経つと戻ってきていました。
今日はデジスコのみ持っていきましたが、風で機材が揺れてブレ写真がほとんどでした。
(884/11WZ/RX100)

01セイタカDSC02689s

02セイタカDSC02739s

03セイタカDSC02808s

04セイタカDSC02926s

可愛い!

山に増えつつあるコサメビタキです。
その内エゾやサメが出てくるのを楽しみにしていますが、未だこの子しか居ませんでした。
小さくて可愛いので沢山撮ってしまいます。
今日の機材はデジスコ(884/11WZ/RX100)です。

01コサメDSC02245s

02コサメDSC02315s

03コサメDSC02329s

04コサメDSC02384s

05コサメDSC02502s

シロトビ+クロツブレ

山で鳥を待っていたらアオゲラが来てくれました。
天候が良すぎてシロトビ+クロツブレですが、登場してくれた記念と言うことで・・・

06アオゲラDSC02457s

07アオゲラDSC02463s

ついでに

ショウドウツバメを撮りに行った帰りに、コシアカツバメを見てきました。
ショウドウツバメと比べてコシアカツバメは幾らか撮り易いと思いました。
飛ぶスピードがかなり違うような感覚でした。

01コシアカIMG_2547

02コシアカIMG_3088

03コシアカIMG_2954

04コシアカIMG_3126

トビモノ

昨日ですが、トビモノが撮りたくて再度デジ眼を持って、ショウドウツバメの居るフィールドへ行きました。
ショウドウツバメは更に増えて500羽以上になっていました。(ひょっとすると千羽位居るかも。)

これくらいの群が、双眼鏡で見える範囲に3ヶ所出来ていました。
01ショウドウIMG_2008s

少し近づいて撮りました。
02ショウドウIMG_2249s

電線へのトビツキです、胸のTマークが良く解ります。
03ショウドウIMG_2241s

水飲みに池に来たところです、水飲みの瞬間はピンボケでした。
04ショウドウIMG_2466s

普通のトビモノ。
05ショウドウIMG_2379s

大群でしたが

ショウドウツバメの大群が居ました。
鳥友さんから居るという話は聞いていたのですが、以前見に行っても見つけられませんでしたが、今日は百数十羽が電線に止まっていました。
このツバメは北海道で繁殖して春や秋には本州へ来るそうで、ちょっと早いように思いますが暫く居てから暖かい方へ渡っていくと思われます。
今日はデジスコ(884/11WZ/RX100)だけしか持って行かなかったので、トビモノが撮れずにちょっと残念。

01ショウドウDSC01956s

02ショウドウDSC02101s

03ショウドウDSC02004s

04ショウドウDSC02092s

05ショウドウDSC02034s

中国大連の鳥-45

ムジセッカです。
これも日本国内では見た事が無く、解らなかったので鳥くんに教えて貰いました。

ムジセッカ20_4882s

可愛いエナガ

今日もエナガの群が来てくれました。
エナガをデジスコでMF撮影したのは初めてですが、チョコマカ動くので液晶画面を拡大してピント確認する時間は無く、そのままの液晶画面を見ながらスコープのピントノブで合わせて撮影しました。
この方法では正確にピントを合わせる事などとても出来ませんが、エナガの撮影では多くを望んでも難しいですね。
下手な鉄砲も数打ちゃ方式で連写するしか有りません。

09エナガDSCN4323s

10エナガDSCN4328s

11エナガDSCN4333s

12エナガDSCN4345s

増えています。

何時もコサメビタキを撮っているフィールドですが、先日まで1羽だけでしたが今日は2羽になっており、2羽がテリトリ争いでしょうか追わえっこをしていました。
撮影は1羽でゆっくりしてくれた方が撮り易いのですが、これから増えてくるのでしょうがないですね。
こちらもデジスコでMF撮影です。

01コサメDSCN4278s

02コサメDSCN4294s

03コサメDSCN4377s

04コサメDSCN4403s

05コサメDSCN4421s

雄成鳥

久しぶりにキビタキ雄の成鳥と会うことが出来ました。
やっぱり雄成鳥は綺麗ですね。
今日も機材はデジスコ(884/11WZ/P330)で全てMFで撮影しました。

06キビタキDSCN4303s

07キビタキDSCN4309s

08キビタキDSCN4315s

今期初です。

セイタカシギを撮っていたら、近くに小さいシギチが見えました。
(セイタカシギと比べるとほとんどのシギチは小さく見えます。)
スコープでよく見ると足が赤いので期待して帰宅、写真を見るとアイリングがハッキリしており嘴が先端まで真っ直ぐですので、アカアシシギと思います。

09アカアシDSCN4197s

10アカアシDSCN4229s

11アカアシDSCN4260s

海辺

暑い中ですがセイタカシギを撮ってきました。
親子合わせて全部で9羽を確認しましたが、多分2家族の親子が居ると思います。
暑いので此処も藻が異常発生しているようです、セイタカシギの採餌に影響がなければ良いのですが。

01セイタカDSCN3977s

02セイタカDSCN4006s

03セイタカDSCN4057s

04セイタカDSCN4158s

中国大連の鳥-44

シマノジコです、5月の渡り時期に大連の公園にいました。
日本では非常に珍しい鳥で、私は日本国内で見た事はありません。

シマノジコIMG_3756s

シマノジコIMG_3996s

シマノジコIMG_4067s

シマノジコIMG_4861s

中国大連の鳥-43

シロハラホオジロです。
以前舳倉島でも撮影しています。

シロハラホオジロIMG_3624s

速い!

ちょっと距離はあるのですが、ヒメアマツバメが居るという話を聞いて、鳥友さんと3人で遠征しました。
現地到着は朝7時頃でしたが、沢山のヒメアマツバメが飛び回っており、これなら「数打ちゃ当たる。」と思ったのですが、沢山居たのは到着してから10分くらいで、その後はチラチラと3,3羽が飛んでくるだけでした。
ヒメアマツバメは飛ぶ速度が凄く、おまけによく急旋回しますので、デジ眼手持ちでもなかなかフレームに入らず、何とか入ってもそう簡単にはピンが来ません。
鳥が飛んでくると必死になって連写を繰り返し、約1600枚も撮ってしまいました
ほとんどがボツ写真でしたが少しは残せるものがあり、楽しく撮れてライファーも1種増えたので成果ありと言うところです。
撮影機材はEOS-7D/300mmF4です。

04ヒメアマIMG_0700s

05ヒメアマIMG_1244s

06ヒメアマIMG_1296s

07ヒメアマIMG_1366s

雌だけですが

今日は別の鳥を撮りに行ったのですが、そこに居着いていると思われるイソヒヨドリが近くに止まりました。
雄も居たのですが写真が撮れたのは雌だけで、ちょっと残念。
機材はサンヨンと7Dのデジ眼手持ちです。

01イソヒヨIMG_0227s

02イソヒヨIMG_0241s

03イソヒヨIMG_0495s

成鳥でした。

キビタキですが。撮っているときは幼鳥かと思いましたが、写真をよく見ると雌の成鳥のようです。
少しだけ黄色くなった雄の幼鳥も見かけたのですが、写真は撮り逃がしました。
1枚目は顔に葉被りがあって残念ですが、ピンが来ていたのでトリミングして怒アップにしてみました。
今日も下のオオルリを含めて、全てデジスコでMF撮影です。

01キビタキDSCN3871s

02キビタキDSCN3899s

今日も山へ

オオルリの幼鳥です。
青いのは明らかにオオルリ雄の幼鳥ですが、青くないのは良く解りませんが多分オオルリ雌の幼鳥と思います。
間違っていたらご指摘をお願いします。

03オオルリDSCN3874s

04オオルリDSCN3919s

05オオルリDSCN3934s

06オオルリDSCN3950s

07オオルリDSCN3955s

ズームアイピース

ズームアイピースのKOWA TE-11WZはX25~X60まで倍率を変更出来ますが、私が実際に多く使っているのはX25~X40の範囲です。
TSN-884/TE-11WZ/P330のシステムでは、P330のズームを50mmにした場合1250~2000mmで使ってることになります。
X25とX40では当然鳥の大きさはX40の方が大きく撮れますが、鳥の大きさを同じにトリミングした場合、どちらが綺麗に撮れるのかを比較してみました。
当然ピンの調整はその都度していますので、両方ともジャスピンになっているとは言えませんので、これのばらつきも少なからず影響していると思います。
今回の結果からはX25で撮影した方がコントラスト、解像共に良く見えますが、X25の方は拡大率が大きくなり少し不自然にも見えます。
画像は4枚共にノーレタ、リサイズのみです。

X25で撮影、ノートリです。
07コサメDSCN3752s

X40で撮影、ノートリです。
09コサメDSCN3755s

X25で撮ったものをトリミング。
08コサメDSCN3752as

X40で撮ったものをトリミング。
10コサメDSCN3755as

撮り易い

今日もコサメビタキを撮りましたが、止まるとゆっくりしてくれるので良い練習台になってくれます。
これもP330の拡大機能を使ってスコープのピントを合わせていますが、スコープ(TSN-884)のピントノブに遊びがあるようで、行き過ぎた時に戻してもピンが戻らないので少し使いにくく感じました。
カメラのピントを操作した場合にどうなるのか、やってみる必要がありそうです。

01コサメDSCN3721s

02コサメDSCN3695s

03コサメDSCN3818s

混群

コゲラですが、エナガとメジロの混群に混じって来ました。
一服してくれたので拡大機能を使ったMF撮影をしたのですが、ちょっと前ピンでピンアマになってしまいました。
焦ったせいと思いますが、アンシャープマスクでごまかしています。(^^;;

05コゲラDSCN3783s

これもチョコマカ

普通種のメジロですが、これも良く動くので結構苦労しました。
部分的に日が当たった場所でしたので、露出が少しオーバーになりましたが、ヒストグラムで調整しています。

06メジロDSCN3800s

やっぱり早い!

動きの早いエナガです。
今日もマニュアルフォーカスの訓練でしたが、エナガの場合はとても拡大機能を使っては撮れませんでした。
拡大せずにそのままの画面でスコープのピントノブを回して撮りましたが、何とかピンは来てくれました。

04エナガDSCN3778s

こちら成鳥と思います

キビタキやオオルリの若を待っていましたが、コサメビタキの成鳥が登場してくれました。
これから秋になると山から下りて、増えてくると思います。
今日の機材はデジスコ(TSN-884/TE-11WZ/P330)ですが、キビタキやオオルリも含めて全てマニュアルフォーカスで撮ってみました。
P330にあるMF時の拡大機能を使っていますが、AFだと明るい背景などにピンを取られる事が多く、今日のような条件ではMFの方が歩留まりが良いようです。
MFの欠点としては、カメラで拡大してスコープでピンを合わせますので撮影までに時間が掛かり、撮ろうと思ったときには居なかったと言うことが何度か有りました。

04コサメDSCN3666s

05コサメDSCN3675s

こちらは自信有り

オオルリの若です。
こちらは少し青いのと直立に近い止まり方なので間違い無いと思います。

06オオルリDSCN3686s

07オオルリDSCN3690s

同定の難しい幼鳥

多分キビタキの幼鳥と思いますが、決め手が無く自信がありません。
此処のフィールドには初夏からキビタキが居ましたので、多分キビタキと思うのですが・・・
間違っていたらご指摘をお願いします。

01キビタキDSCN3617s

02キビタキDSCN3629s

03キビタキDSCN3635s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Nikon COOLPIX P340
 Canon PowerShot S200
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
 Canon EOS-M5
・レンズ(鳥用)
 Canon EF400mm f/4 DO ISⅡ
     EF200mm f/2.8L Ⅱ
 X1.4テレコン Canon、Sigma

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01X2台
 Manfrotto 701RC2
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR