止まってくれない!

森でエナガの集団に出会いました。
動きが速くてデジスコではついて行けませんでした。
ピンが甘かったりフレームアウトが有りますが、これが精一杯でした。(^^;;

エナガIMG_3514s

エナガIMG_3537s
スポンサーサイト

草むら探索

今日は余り時間が無かったのですが、ベニマシコを探しに草むら探索でした。
ベニマシコは結構沢山居るようですが、草の下で移動しており上には来てくれません。
何とか赤くないのを一つだけ撮れました、未だこれからですね。
機材は884/11WZ/S200のデジスコです。

ベニIMG_2809s

ベニIMG_2812s

毎度の・・

いつものルリビタキです。
同じような写真ですが、時々雨が降る中飽きずに撮ってました。
ここは東屋があるので全天候型フィールドですが、寒いのはどうにもなりません。
機材は884/11WZ/S200のデジスコです。

01IMG_2525s.jpg

02IMG_2722s.jpg

03IMG_2766s.jpg

04IMG_2673s.jpg

05IMG_2802s.jpg

ちょっと古いカメラ

今日はヤマセミのトビモノを撮りたくて、以前使っていたCasio FC150でデジスコしてみました。
このカメラは何年か前によく使っていましたが、9Mpic.のサイズで40枚/秒の連写が出来、更にシャッターを押す前の画像が撮れるという優れものです。
連写枚数は30枚ですが、プリキャプチャー画像の枚数を自由に設定出来ます。
また、高速連写時にISOや撮影モードなどが自由に設定出来ますので、非常に使い易いカメラです。
このカメラの販売終了は何時だったか忘れてしまいましたが、これ以降同じ機能で新しいスペックのデジスコ向きカメラに出会えません。
もうすぐ発売されるEX-10は良さそうですが、液晶画面が3.5in.のチルトはデジスコには使いにくそうですね。
機材は884/TurboAdapter 20XWFA/Casio EX-FC150のデジスコです。
いつもは長辺1024pic.でアップロードしていますが、今回の中でトビモノはISOを上げたために画像が荒いので長辺900pic.にしています。

こちらは普通に撮ったトマリモノでISO100です。こちら長辺1024pic.です。
01ヤマセミCIMG6044s

トビモノはSS=1/1000以上欲しいので、ISO400で撮ってます。長辺900pic.です。
02ヤマセミCIMG5610s

ここからはかなり暗くなってきたのでISO1600です。
1/2.3in.CMOSでISO1600は無茶ですね、かなりノイズが目立ちます。
それでも露出不足になっていましたのでフォトショップで露出調整しました。
03ヤマセミCIMG5875s

04ヤマセミ

05ヤマセミCIMG6032s

紅葉ルリ

森には何カ所かでルリビタキを見る事が出来ます。
場所によって綺麗な紅葉が見られますので、紅葉バックのルリビタキ狙いで座り込みました。
この写真のバックになっているのは綺麗に紅葉したドウダンツツジですが、ツツジが余りにも赤いので写真が赤カブリしてしまいフォトショップにて修正しています。
機材は884/TE-17W/S200のデジスコです。

01IMG_2302s.jpg

02IMG_2224s.jpg

03IMG_2002s.jpg

04IMG_2039s.jpg

05IMG_2080s.jpg

今日は雨・・・

昼頃から雨の予報でしたが、森は午前中から雨が降り始めました。
あらかじめ雨が解っているので、森の東屋からの撮影です。
機材は884/TE-17W/S200のデジスコですが、私個人としてはなかなかいけると思います。
森は暗かったのですがISO80、Avモードf2.8で撮影しました、SSは0.3~1/5秒で約80%はブレ画像でした。

01ルリビIMG_1872s

02ルリビIMG_1691s

03ルリビIMG_1773s

04ルリビIMG_1945s

05ルリビIMG_1797s

漁港

こちらも琵琶湖の漁港に居たミコアイサです。
雌2羽と雄1羽が居ました。
機材は先のカイツブリと同じデジスコです。

04ミコアイサDSCN8986s


05ミコアイサDSCN9022s

06ミコアイサDSCN9038s

07ミコアイサDSCN9068s

普通種ですが

琵琶湖の漁港に居たカイツブリです。
何処にでも居るのですが近くに来てくれたので撮ってみました。
機材はデジスコ(884/11WZ/P330)です。

08カイツブリDSCN8960s

09カイツブリDSCN9113s

10カイツブリDSCN9117s

見つけました。

森のルリビタキは何カ所かで見つけていますが、どれも警戒心が強くてなかなか近くで撮らせてもらえませんでした。
今日のルリさんはこれまでとは別の場所ですが、今年一番の愛想良しで座っていると近くに止まってくれます。
これでこの冬の楽しみが出来ました。(^^)v
今日の機材はデジスコですがアイピースは鳥友さんから借用したTE-17Wで、774、884では一番オーソドックスな接眼ですが皆さん使ってみえるだけあってやっぱり良いですね。
いつも使っているズームアイピースTE-11WZと比べて、アイレリーフが長くカメラレンズとのクリアランスが大きくとれる、視野がワイドなのでほとんどのカメラで35mm(35mm換算)からケラレ無く使える(TE-11WZは40mm位から)等です。
(機材構成はスコープTSN-884、アイピースTE-17W、カメラP330です。)

01ルリビDSCN9350s

02ルリビDSCN9218s

03ルリビDSCN9367s

04ルリビDSCN9214s

05ルリビDSCN9326s

温泉旅館

昨日は家族旅行で温泉へ行きました。
旅館の窓から撮ったシジュウガラです。
紅葉は綺麗でしたが、シジュウガラが止まったのはほとんど散ってしまった紅葉の枝でした。
機材はデジ眼300mm手持ちです。

11シジュウガラIMG_1072s

今年も

湖に今年もオオワシが入ったとの事で見に行ってきました。
オオワシは全然動いてくれず木に止まったままでした。
前進が見える場所で止まりものだけ撮ってきました。
距離約150m、機材はP330のデジスコです。

01オオワシDSCN8921s

02オオワシDSCN8878s

03オオワシDSCN8907s

怒アップ

昨日のヤマセミですが、距離が近いので怒アップも撮ってみました。
スコープKowa TSN-884 Prominar、アイピースKowa TE-11WZ 40倍、カメラNikon Coolpix P330 ISO80 露出AvモードF4.0 焦点距離50mm(35mm換算)

01DSCN8132s.jpg

02DSCN8791s.jpg

カラスの群れ

鳥友さんから「コクマルガラスが居るよ。」との連絡を頂き、見に行きました。
ミヤマガラスの群れの中に白黒のカラスを見つけたのですが、写真を撮ろうとすると直ぐに飛ばれなかなか撮らせてもらえません。
「飛んでしまう→双眼鏡で降りた場所を確認する→その付近を探す→見つけたら撮影→また直ぐに飛んでしまう」
この繰り返しで、デジスコでは撮れませんでしたので全てデジ眼(7D/300mmF4)で撮ったものです。

IMG_0991s.jpg

IMG_1019s.jpg

IMG_1026s.jpg

IMG_1039s.jpg

寒い朝

ヤマセミがこんなに撮れるチャンスはそう無いと思い、早朝の山へ行きました。
現地到着時は小雨でしたが、紅葉が綺麗な山肌は雪化粧になっていました。[寒む~!!]
それでもヤマセミはよく出てくれて、距離も近いので大きくしか撮れません。[贅沢!!]
今日の機材は884/11WZ/P330のデジスコですが、11WZのズームはW端(x25)でこの大きさです。
個人的には前回使用した20Mpic.のRX100よりも、今回使用した12Mpic.のP330が解像しているように思います。
カメラ内の現像でシャープマスクが強い可能性もありますが・・・そんな訳でチンタラ書き込みのP330も時々使っています。

01ヤマセミDSCN8246s

02ヤマセミDSCN8644s

03ヤマセミDSCN8286s

04ヤマセミDSCN8609s

05ヤマセミDSCN8653s

猛禽不在でした

田圃へ猛禽を探しに行ったのですが、遠くを飛んでいるのを見ただけで撮れませんでした。
その替わりに畑にタゲリがたくさん居たので撮ってきました。
天候は晴れたり曇ったりでしたが、日が当たっている時は羽根の金属光沢が綺麗です。
曇っている時も落ち着いた色彩で別の良さがあると思います。
撮影機材はデジスコですが、今日は久しぶりに書き込みの遅さを覚悟して884/11WZ/P330を使ってみました。

01タゲリDSCN8087s

02タゲリDSCN8017s

03タゲリDSCN8046s

04タゲリDSCN8006s

05タゲリDSCN8034s

深山の鳥さん

先日のヤマセミポイントへ再度お邪魔しました。
ブラインドに入っているので窮屈なのですが、そのおかげでヤマセミはよく出てくれます。
車を降りてから現場までの距離は遠くて機材の運搬は大変ですが、撮影場所はヤマセミとの距離が近く、デジスコしか持って行かなかったので怒アップ撮影会になってしまいました。
撮影機材は884/20XWFA/RX100のデジスコです。

01ヤマセミDSC04236s

02ヤマセミDSC04937s

03ヤマセミDSC05900s

04ヤマセミDSC05793s

05ヤマセミDSC05389s

別の森

鳥友さんより昨日とは違う場所にもルリビタキが居るとの連絡を貰い、現場へ急行しました。
周りが開けた場所なので周囲180°を見渡す事が出来て、色んなところへ止まったのを撮る事が出来ました。
今日もデジスコですが、このところS200ばかり使っていたので、今日は比較のためにRX100を使ってみました。
S200の画素数はRX100の約半分ですが、私の好みとしてはS200の方に惹かれます。
暫くは色々(S200、RX100、P330、時にはLX3も)使ってみたいと思います。
今日のデジスコは884/20XWFA/RX100です。

01ルリDSC03812s

02ルリDSC03903s

03ルリDSC03862s

04ルリDSC03957s

05ルリDSC03978s

今日も森でした。

先日のルリビタキに再チャレンジしました。
先日より愛想は良くなったのですが、まだまだ警戒心は強い様です。
今日も機材は884/11WZ/S200のデジスコです。
鳥が綺麗なせいか、このカメラ色は綺麗に見えますね。

01ルリビタキIMG_1591s

02ルリビタキIMG_1617s

03ルリビタキIMG_1538s

04ルリビタキIMG_1644s

渓流の忍者

先日ヤマセミを撮っている時に、水辺にカワガラスが居ました。
デジスコで撮りましたが、黒くてよく動き直ぐ水に潜るので撮りにくい鳥さんです。

カワガラスIMG_1000s

カワガラスIMG_1011s

冬の常連さん

これまで見かける事はあったのですが、今日ようやく青いルリビタキを撮る事が出来ました。
毎年フレンドリーにサービスをしてくれるのですが、今年のルリさんはどういう訳か手強かったです。
未だ警戒している様で高いところに止まる事が多かったせいで、空抜け写真が多くなってしまいました。
森には何羽か居着いてくれているようですので、これから慣れて段々とお友達になってくれる様頼んでおきました。(^^;;
撮影機材はいつものS200デジスコです。

01ルリビIMG_1479s

02ルリビIMG_1421s

03ルリビIMG_1448s

04ルリビIMG_1349s

05ルリビIMG_1372s

デジ眼です。

昨日撮ったヤマセミですが、こちらはデジ眼手持ち(7D/300mmF4)で撮ったものです。

01ヤマセミIMG_0781s

02ヤマセミIMG_0852s

03ヤマセミIMG_0858s

04ヤマセミIMG_0916s

05ヤマセミIMG_0836s

山奥へ

鳥友さんに山奥へ連れて行って貰いました。
お目当ての鳥さんはヤマセミです。
当初朝一が良く出るとの事で、真っ暗なうちから懐中電灯の明かりを頼りに山道を歩きました。
現地で準備が出来た頃に少しずつ明るくなってきましたが、少し明るくなった頃に露出を確認するとISO400でもSSは1秒くらいで曇天のせいか写真は厳しい状態でした。
もう少し待っているとヤマセミさんが登場してくれましたが、SSは0.4秒でした。(1枚目の写真です。)
その後ヤマセミはまずまずの出で、終わってみると沢山撮る事が出来ていました。
往復の山道は結構厳しかったのですが、運動にもなり鳥友さんに感謝!(^^;;
撮影機材は884/11WZ/S200のデジスコです。

01ヤマセミIMG_0797s

02ヤマセミIMG_0851s

03ヤマセミIMG_1062s

04ヤマセミIMG_1068s

05ヤマセミIMG_1117s

田圃にて

そろそろ田圃に猛禽が出ているようなので見に行きました。
田圃を回っても何も見つけられないので、車の外へ出て休憩していましたところ、遠くの空中でで何やら猛禽が小鳥を捕まえたのが見えました。
猛禽はそれを持って遠くの田圃へ降りましたので、降りた場所を双眼鏡で確認してその付近を探しました。
降りた場所の近くを探しましたが全然見つける事が出来ず、諦めて移動しようとした時に田圃の真ん中にいる猛禽を見つけました。
ゆっくり近づいてスコープを覗くとコチョウゲンが小鳥を食べてましたが、探すのに時間がかかったために食事はほとんど終わった後でした。
目論見通りにコチョウゲンを見つけて満足です。(*^_^*)
撮影機材は勿論S200を使ったデジスコです、撮影距離は一番近かった時で20m位でしょうか。

こちら接眼x40、カメラ50mm(35mm換算)、トリミング有り。
01コチョウゲンIMG_0390s

目線を頂きました。(^^)V
02コチョウゲンIMG_0578s

こちらは接眼x25、カメラ50mm(35mm換算)、トリミング有り。
03コチョウゲンIMG_0587s

同上。
04コチョウゲンIMG_0417s

同上、撮影中に一時的に曇ってきた時の写真です。AWBのままで撮りましたがこちらの方が良い感じですね。
05コチョウゲンIMG_0520s

おまけ

ミヤコドリを撮って砂浜から戻った時に、すぐ近くでキアシシギがゆっくり休んでいるのを鳥友さんから教えてもらいました。
そっと近づいて距離約10m位で撮れた1枚です。
機材はミヤコドリと同じで、TSN-884/TE-11WZ(x25)/S200(50mm[35mm換算])のデジスコです。

10キアシIMG_0176s

海岸

どこかの鳥さんでS200のテストをしたいのですが、今日は朝から雨模様。
そこへ鳥友さんから「近くにミヤコドリが来ているよ。」との連絡で小雨決行。
曇り空で条件が良かったせいか、距離があった割にはそれなりに撮れていました。


01ミヤコIMG_0132s

こちらの2枚は距離約60m、
02ミヤコIMG_0147s

03ミヤコIMG_0253s

この3枚は100m以上有ると思います。
04ミヤコIMG_0281s

05ミヤコIMG_0212s

撮るには撮りましたが・・

どうも鳥運に見放されたようで、新機材のテストはうまくいきませんでした。
別に珍鳥を探している訳では無いのですが、どこもモデル不在で何とか逆光のルリビタキ雌タイプを2枚だけ撮らせてもらいました。
この写真で機材評価は無理ですが、とりあえずそれなりの解像感は有るようです。(^^)V
使ってみた感じは、ピント合焦時に中央部を拡大してくれますので、今回のような枝被りが多い条件では鳥にピンが来ているかどうか拡大部で確認出来ます。
ピンが鳥以外の枝などに来ている時は、スコープのピントノブでずらして撮影が出来るので便利ですね。
ただやっぱり、連写は遅く感じますし、RX100やP330の100万画素クラスの液晶画面に慣れた目では46万画素はちょっと荒く感じてピントが合わせにくいと感じました。
明日は天気が良くない予報になってますが、雨が降らなければ近場で鳥さんを探してみようと思います。

IMG_0016as.jpg

IMG_0033as.jpg

シーソー付けました

昨夜少し夜なべしてシーソーレリーズを作りました。
これで全て完成しましたので試写をしたいのですが、さて、被写体はどこへ行けば居るのか・・・
とりあえず今から被写体探しに行ってきます。(^^)/

01完成P1850755as

02完成P1850760as

03完成P1850771as

04完成P1850740as

S200ブラケット(組立)

組み立てと塗装まで終わりました。
図面と少々違う格好になっていますが、現物合わせなので・・・
ステップズームを使いたいので鏡筒外周のリングを回せるようにしたかったのですが、ちょっと無理そうなので下側の隙間から爪楊枝か何かを使って回す事にしました。
デジスコでの使用はカメラのズームを50mm(35mm換算)にして、ズームはTE-11WZでしようと思っているので、頻繁にリングを回す事は無い予定です。
後はシーソーレリーズを作って完成です。

01ブラケットP1850735s

02ブラケットP1850737s

S200ブラケット(材料)

ブラケットはいつものように4mm厚さのMDF板で作る事とし、図面を書いてみました。
S200ブラケット材料図

図面通りに切り出したMDF板に、52mmのネジリングをエポキシ接着剤で接着。
ネジリングは手持ちのものを使いましたが、使用中に接着が外れる事の無いように外径にヤスリで沢山の溝を入れました。
DSCN7895as.jpg

ネジリング接着部。
DSCN7903as.jpg

これだけリングを繋いでTA3を付ければ、TE-11WZとマッチングする予定。
事前に確認した結果ではTE-11WZのズーム25Xで、カメラズーム35mm(35mm換算)で少しケラレがあり、40mm位からケラレが無くなって85mm位まで使用可能です。
100mm位にすると接眼レンズとカメラレンズが当たってしまうので使用出来ませんが、RX100のように電源ON/OFFで最長まで伸びないので問題無いと思います。
DSCN7907as.jpg

接着したネジリングを内側から見た写真。
DSCN7912s.jpg

新機材

現在デジスコに使っているカメラはSONY RX100とNIKON P330で時々古いPANASONIC LX3も使っていますが、いずれも一長一短があってなかなか「これしか無い!」というのに巡り会えません。

約1年前にdigisco.comのたーぼ♪さんが三重県民の森にみえた際、いろんな機材の紹介をしてもらいましたが、カメラについては最近の一般的な撮像素子はCMOSがほとんどになっているところ、CANONからCCDを使ったモデルが出たという話をお聞きしました。
たーぼ♪さんはこれについて、CCDなので他とは違う画質が期待できるかもと言われていた記憶があります。
CANONのデジスコ用カメラでは現在S120が注目されており、多くの方が使ってみえます。

この様な状況ですが先日山形県のSさんから、CANON S200で撮ったデジスコ写真を見せて頂き、その画像の素晴らしさにちょっとビックリしました。
これはSさんの実力でカメラだけのせいだけでは無いと思いますが、少なくともちゃんと撮れば良い写真が撮れるカメラであるという事は言えると思いました。
そんな訳で何でも機材のせいにする私は、迷わずに昨日CANON S200を購入しました。(^^;;

現在多く使われているS120とS200は下記の違いがあり、撮像素子がS120はCMOS、S200はCCDという事を除けば、全体のスペックとしてはS120の方が優位である事は明らかです。

                S120          S200
撮像素子       1,280万画素CMOS   1,040万画素CCD
             1/1.7型 裏面照射   1/1.7型
レンズ(35mm換算)  24-120mm       ←同じ
解放F値        F1.8-5.7        F2.0-5.9
シャッター速度    15-1/2500       15-1/2000
液晶モニタ       3.0型 92.2万ドット  3.0型 46.1万ドット
タッチパネル       ○            ×
フル画素での連写   12.1枚/秒       1.9枚/秒
露出補正        ±3段         ±2段
ISO            80-12800      80-6400
画像ファイル      JPG/RAW      JPEGのみ
フルハイビジョン動画   ○           ×
NB-6LH撮影枚数    230枚        200枚
重量            217g        181g

デジスコに使う事を考えたスペックのみ比較してみましたが、これなら普通はS120を選びますよね。(^^)
私としてはCCD採用以外にタッチパネル無し、フルハイビジョン動画無しが気に入ってますが、重量が少し軽いのも良いですね。
欲を言えば連写枚数は3枚/秒くらい、露出補正は±3段が欲しいところですが、画質が良ければ我慢できる範囲です。
以上の事情で、これからブラケットの製作をしますので必要な寸法取りを行いました。

S200概略寸法
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Panasonic DMC-LX3
 Nikon COOLPIX P340
 Canon PowerShot S200
 Fujifilm XQ1
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
・レンズ(鳥用)
 Canon EF400mm f/4 DO ISⅡ
     EF200mm f/2.8L Ⅱ
 X1.4テレコン Canon、Sigma

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01X2台
 Manfrotto 701RC2
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR