FC2ブログ

初登場です。

本Blog初登場のコジュケイです。
たまたま森で「こっちこい、こっちこい!」という声が聞こえたのでそちらに行ってみると声はすれども姿がありません。
草むらの地面に居ると思い込んで下ばかり見ていたら、どうも声は高いところから聞こえてきます。
声のする方を探してみると居ました!居ました!良いところの木に止まっています。
コジュケイはよく声は聞きますがなかなか姿が見られないので、今日はラッキーでした。
撮影機材は7DMk2/44DO2の手持ち撮影です。

q1コジュケイ1A9A6802s

q2コジュケイ1A9A6756s

q3コジュケイ1A9A6849s

q4コジュケイ1A9A6736s
スポンサーサイト



良いところに居ました。

鳥友さんから「巣立ちしたアオバズクが良いところに止まっているよー!」との連絡を貰い直ぐに見に行きました。
親鳥1羽と雛2羽が近くの(十数メートルのところ)良いところに固まって止まっており、時々ノビやエンジェルポーズをしてくれます。
もう片方の親鳥は少し離れたところに止まっていましたが、もう一羽の雛はどこに居るのか解りませんでした。
親子でこんなに良いところに止まってくれたのは何年ぶりでしょうか、この先も楽しみです。
撮影機材は1枚目と5枚目がEOS-7DMk2/200mmF2.8L、2~3枚目は884/17W/GM1のデジスコです。

p1アオバズク1A9A5856s

p2アオバズクP3610936s

p3アオバズクP3610830s

p4アオバズクP3610863s

p5アオバズク1A9A6075s

予想外でした。

アオバズクの雛ですが、昨日は未だ巣穴の中で時々顔を見せている状態でした。
巣立ちはまだ先の話だと思っていましたが、今年も見事に予想が外れ今日は巣の外に止まっていました。
止まっている場所は高いところで枝被りが多くなかなかうまく撮れなかったのですが、何とか少しだけ枝の間から撮らせて貰いました。
雛は多分3羽ですが見えないところに居る可能性もあり、ひょっとすると4羽かも解りません。
写真は最初の2枚が昨日撮ったもので、雛は巣穴の中です。
後の3枚は今日撮ったもので雛は近くの木に止まっていました。

o1アオバズク1A9A5564s

o2アオバズク1A9A5573s

o3アオバズク1A9A5627s

o4アオバズク1A9A5677s

o5アオバズク1A9A5712s

雛は元気です。

アオバズクの雛は3日くらい前から時々少しだけ顔を見せてくれますが、見た感じ大きくなっている割に顔見せがイマイチです。
今年は営巣が遅かったので少しお9くれているようですが、雛はもう白い産毛が少なく結構成長しているようです。
そのうちに巣穴の入り口でパタパタの練習を始めると思います。
いずれにしても昨年はうまくいかなかったので、今年は無事に巣立ちして欲しいものです。
撮影機材は7DMk2/ゴーヨンです。

n1アオバズク1A9A5477s

n2アオバズク1A9A5501s

n3アオバズク1A9A5518s

n4アオバズク1A9A5538s

1年ぶりでした。

カラシラサギを撮ってきました。
初夏になると偶にこちらの河口などに現れるので少し調べてみました。
カラシラサギは朝鮮半島や中国で繁殖し冬になると東南アジアで越冬するそうです。
ではどうして日本に時々現れるのでしょうか?渡りルートでは無いように思いますので迷鳥のような気がします。
繁殖の終わった個体または今年生まれの幼鳥が東南アジアへ渡る前に迷ってくるのでしょうか。
レッドリストでは準絶滅危惧種に指定されており近年は数が激減しているそうです。
今のうちに撮っておかないとそのうち撮れなくなるかもですね。
(先日サロベツまで行って空振りだったシマアオジみたいに・・^^;;)
撮影機材は884/17W/GM1のデジスコです。

m1カラシラサギP3610520s

m2カラシラサギP3610216s

m3カラシラサギP3610385s

m4カラシラサギP3610167s

m5カラシラサギP3610479s

親鳥2羽でした。

アオバズクは先日から雄雌の親鳥が巣穴から出ていますが、巣穴は何も変化がありません。
例年だと雛が顔を出す時期ですので、ホントにちゃんと雛が孵化しているのかちょっと心配しています。

l1アオバズク1A9A5200s

l2アオバズクP3600977s

l3アオバズク1A9A5229s

l4アオバズクP3610081s

沢山居ますが

コアジサシの営巣場所を見てきました。
何十羽も営巣していますが場所が広すぎて鳥の密度が低いので余り近くでは撮れません。
今回は雛も見つけることは出来ませんでした。

k1コアジサシ1A9A4991s

k2コアジサシ1A9A5107s

k3コアジサシ1A9A5020s

k4コアジサシ1A9A4999s

変化無しでした。

鳥友さんから「2羽共止まっているよ~」との連絡を貰い、雛が孵化したかな?と思って行ってみましたが止まっていたのは雄のみで昨日と同じでした。
雌は抱卵中に外の空気を吸いに出てきたのか?雛が孵化しても少しの間は親鳥が雛と一緒に居るので、孵化している可能性もありますがよく判りませんでした。
いずれにしても雌の親鳥はまた巣穴に戻ったようで雄だけが昨日と同じ所に止まってました。

j1P3600798s.jpg

j2P3600815s.jpg

変化無しでした。

アオバズクがどうしているか見に行きましたが、相変わらず木に止まったままで変化無しでした。
多分止まっているのは雄で、雌は未だ抱卵していると思います。
例年だと7月初め頃には雛が少しずつ顔を見せ始めるのですが、今年は少し遅いようです。
もう少しですね、楽しみです。

i1アオバズクP3600722s

i2アオバズクP3600784s

i3アオバズクP3600708s

i4アオバズクP3600687s

2019年北海道鳥見-15

北海道遠征の最終日は帰りのフライトが午後だったので、午前中特に目的も無く鳥の居そうな所を回っていると数人のカメラマンが居ます。
「何か居るんですか?」と聞いてみるとハヤブサ親子が居るとのこと。
教えて貰ったところを見るとハヤブサの雛が3羽止まってました。
慌てて機材を準備して撮影に取りかかりましたが、若鳥が2羽だけ枝に止まっていて変化がありません。
少し待っていると親鳥が獲物を持って飛んできましたが、あいにくの雨で写真が綺麗には撮れません。
その後雨も止んで少しは撮影することが出来ましたが、時間切れで後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。
わざわざ関東から来ている方もみえて、貴重なハヤブサの営巣地らしくホントにラッキーな出会いでした。

h1ハヤブサ1A9A4462s

h2ハヤブサ1A9A4153s

h3ハヤブサ1A9A4577s

h4ハヤブサ1A9A4022s

h5ハヤブサ1A9A4512s

2019年北海道鳥見-14

今回の遠征で初めて撮れたギンザンマシコです。
過去にも知床峠へ探しに行ったこともありましたが見ることは出来ませんでした。
直ぐ近くにも出てくれてやっぱり大雪山は間違いないですね。
赤いのが雄で黄色いのが雌なんですが、撮った写真の8割くらいは赤い雄でした。
もっと雌も撮っておけば良かったと反省です。

g1ギンザン1A9A2714s

g2ギンザン1A9A2220s

g3ギンザン1A9A2190s

g4ギンザン1A9A2801s

g5ギンザン1A9A3975s

2019年北海道鳥見-13

ツメナガセキレイが芝生の上で虫を探していました。
虫を加えて飛んでいくのでどこかで営巣していると思います。

f1ツメナガセキレイ1A9A1772s

f2ツメナガセキレイ1A9A1637s

f3ツメナガセキレイ1A9A1434s

f4ツメナガセキレイ1A9A1711s

2019年北海道鳥見-12

サロベツは寂しい状況でしたがオオジシギだけは頭上を飛び回ってました。

e1オオジシギ1A9A1325s

e2オオジシギ1A9A1480s

e3オオジシギ1A9A1324s

e4オオジシギ1A9A1307s

2019年北海道鳥見-11

ホオアカも居ましたが良いところには止まってくれませんでした。

d1ホオアカ1A9A1469s

d2ホオアカ1A9A1388s

d3ホオアカ1A9A1414s

2019年北海道鳥見-10

サロベツで撮ったノビタキです。
エゾカンゾウの花が綺麗に咲いてましたが、なかなか近くの良いところには止まってくれません。
綺麗な花は十分楽しむことが出来ましたが・・・

c1ノビタキ1A9A1512s

c2ノビタキ1A9A1522s

可愛い雛

北海道出撮影したのは未だ整理中ですが、コアジサシが営巣しているのを鳥友さんに教えて貰いましたので見に行きました。
コアジサシの雛は久しぶりですがホントに可愛いですね。
未だ抱卵中も沢山有り、雨ばかり降っているので影響しないか心配です。
抱卵場所が水没すると先ずダメですよね。
遠くでは無いのでまた見に行こうと思います。

b1コアジ1A9A4795s

b2コアジ1A9A4837s

b3コアジ1A9A4882s

b4コアジ1A9A4907s

b5コアジ1A9A4974s

2019年北海道鳥見-09

天売島で一番撮りたかったケイマフリです。
道東でも何度か撮ってますが天売では上陸モノが撮れると言うことで楽しみにしていました。
今回は念願の綺麗な赤い足を撮ることが出来ました。

a1ケイマフリ1A9A8305s

a2ケイマフリ1A9A0149s

a3ケイマフリ1A9A9223s

a4ケイマフリ1A9A0105s

a5ケイマフリ1A9A1064s

2019年北海道鳥見-08

あちらこちらに沢山居たノゴマです。
天売島を歩いていると海岸近くや草原、人家近く等いろんな所に沢山居ました。

91ノゴマ1A9A8527s

92ノゴマ1A9A0720s

93ノゴマ1A9A9949s

94ノゴマ1A9A9759s

95ノゴマ1A9A0679s

2019年北海道鳥見-07

天売島ではツツドリもよく鳴いており、なかなか姿は見れないのですが鳥友さんが見つけてくれました。

81ツツドリ1A9A0512s

82ツツドリ1A9A0488s

83ツツドリ1A9A0386s
いらっしゃいませ(2013/6/27設置)
プロフィール

HN:望遠狂

Author:HN:望遠狂
望遠狂の鳥見日記へようこそ!
デジスコで野鳥の写真撮影をしています。たまにはデジ一眼も使います。

<撮影機材>-デジスコ
・スコープ
 Kowa TSN-884
・アイピース
 Kowa
  TE-17W、TE-11WZ、TSN-VA2
 Vixen LV25
・カメラ
 Canon PowerShot S200
 Panasonic DMC-GM1SK
・カメラブラケット
 全て自作

<撮影機材>-デジタル一眼
・カメラ
 Canon EOS-7DMk2
・レンズ(鳥用)
 Canon EF500mm F4L ISⅡ USM
   EF400mm F4 DO ISⅡ USM
   EF200mm F2.8LⅡ USM
   EXTENDER EF1.4XⅢ

<撮影機材>-その他
・雲台
 DIGISCO.COM 究具01
 SIRUI PH-20
 sachtler FSB6
・三脚
 Gitzo G1348、G1227
    GT1540、GT2541

*本Blog掲載の画像は、著作権を放
 棄しておりませんので、無断使用
 しないようにお願いします。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧

北伊勢地方の鳥・撮り

一眼diary〜daily in my life〜
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR